芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

人生

本日の我が家  〜 🇺🇸と🐮と🍋とムスコ 〜

こんにちは! 色々書きたいことがあるのですが、 今日の我が家の近況報告です。 ムスコ・なうm(_ _)m 昨年暮れにサンタさんからもらった「ノイシュバンシュタイン城」とかいう、ボードゲームにはまっています。 ノイシュヴァンシュタイン城 完全日本語版 出…

今年のテーマと昨晩の我が家  〜 胸騒ぎの夕飯🍚 〜

こんにちは! いろいろ書きたいことがあるのですが、頭の整理がうまくできていません。 遅くなりましたが、私の今年の生活とブログのテーマはコチラでいきたいと思います。 手書きにした意味がなかった様な気もしますが、深く考えない様にしようと思います。…

特別なカセット  〜 ふられて 〜

こんにちは! 立て続けで失礼しますが もう一つ、奪還できた物の報告です。

特別な場所  〜 (芋づる式の)記憶 〜

こんにちは! 今日も、今年のお正月の出来事です。 色々昔話も語らせて頂きます。m(_ _)m

タイム・カプセルの奪還  〜 らんなうぇい 〜

こんにちは! 今日は、今年のお正月の出来事について書きます。 ご報告します。 私は、1年ぶりに実家に行きました。 そして、大事なものを奪還してきました。 それは、主に 「卒業アルバム」(園・小・中・高) 「学生時代の自分の写真」 「映画・演劇のパ…

初・恋愛・替え歌  〜「初愛」〜

こんにちは! 今日はもうひと記事。 久しぶりの替え歌です。 実を言うと、私は、この替え歌を、今年の晩夏に作りました。 でも、勢いでアップしても、ただ臭いだけの、意味のわからないものだよなあと思いました。 そんな訳で、記憶の整理もしたかったので、…

一人の大人として  〜 そんな事は 〜  

こんにちは! 前回の続きです。

「星の王子様」と「木枯らし紋次郎」という「旅人」 〜 どこかで 誰かが 〜

こんにちは! 今回は、前回の記事についての補足的な事を書かせて頂きます。 まず、サン=テグジュベリさんと、その作品の「星の王子様」についてです。 私は、菊池桃子さんの「卒業」という曲を14、5歳の頃にテレビで聞くまでは、テグジュベリさんの事を…

20代   〜 小さな 〜

こんにちは! 今回は記憶の続きです。

20代   〜半「カオナシ」時代〜

※11月29日午後に、「顔なし」を「カオナシ」と訂正しました。 こんにちは! 今日も記憶の続きです。 前記事に書いた「木枯らし紋次郎・症候群」については、今は説明が難しいので、もう少しこちらの作業を進めてから、書きたいと思います。

漫画「君たちはどう生きるか」 〜80年前の文章が〜

こんにちは! 今日は、本の紹介です。 私は、話題になっていた、こちらの漫画&文章の本を読みました。 岩波文庫の本が、原作のようですが、私はまだ、こちらは読んでいません。 漫画 君たちはどう生きるか 作者: 吉野源三郎,羽賀翔一 出版社/メーカー: マガ…

スティーブ・ジョブズ氏のスピーチ 

こんにちは! 今日はもう一記事。 スティーブ・ジョブズさんの、名演説の動画です。 スティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞 日本語字幕版 ありがとうございます。

私の漫画愛を替え歌に 〜 昔からしてみたかった質問 〜

こんにちは! 今日は、替え歌を1つ作りました。 私は少女マンガも、少年マンガも子供の頃から大好きなのですが、昔から、「疑問に思いつつ、誰にも質問できなかったこと」が、あります。 それを今日は、替え歌で表現してみました。 我ながら、呆れる内容なの…

「子どもの心の育てかた」 〜 佐々木正美先生 〜

こんにちは! 今日は、最近読んだ、教育に関する本の紹介です。 子どもの心の育てかた 作者: 佐々木正美 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/07/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る うまく説明できませんが、この本の「目次」…

過去記事 映画「スタンド・バイ・ミー」とリバー・フェニックスさんについて 〜昨日が命日でした〜

こんにちは。 昨日は、大好きな、リバー・フェニックスさんの命日でした。 今日気がついたのですが、彼は「ハロウィン」の日になくなったのですね。 いまだに、多才で美しく、優しく、苦労人であった、彼の早すぎる死を思うと 大変、心が痛みます。 obachant…

過去記事 再び「今を生きる」  〜 かーぺ でぃえむ 〜

こんにちは! 昨日、ホリエモンさんのスピーチを聞いていて、やはり、私はこの映画を思い出しましたので、過去記事失礼します。 obachantoarts.hatenablog.jp

ホリエモンさんのスピーチ

こんにちは! 今日はもう一記事。 さっき見た動画をアップします。 ホリエモン 堀江貴文さん 感動スピーチ ぜひ、多くの皆さんに、見て頂きたいと思いました。

「町田樹の世界」ラスト・プロ《人間の条件》 〜漢・芸術家・アスリート・学者〜

こんにちは! 今日は、敬愛する「マッチー」こと「町田樹氏」の 写真集(お写真もさることながら、インタビューの内容が、すごすぎます!!!) 町田樹の世界 (ワールド・フィギュアスケート別冊) 作者: ワールド・フィギュアスケート 出版社/メーカー: 新書…

「王様の 耳は ろばの耳」

こんにちは。 今日は、もう1記事m(_ _)m 私は、9月あたりから、自分の個人的な記憶について、ながながと書いてしまっています。 なぜなら、今年の夏ごろ、今まで考えもしなかった「ひとつの可能性」について、気づいてしまったからです。 「ずいぶん昔のこと…

本「はじまりは愛着から 人を信じ自分を信じる子どもに」 〜本当の健康と幸せ〜

こんにちは。 前回は、不愉快な内容にも関わらず、読んで下さり、ブックマーク、スター、コメントなど頂きまして、ありがとうございました。m(_ _)m 続きをかくべきか、悩んでもいるのですが、最近こちらの本を読み、少し気持ちが落ち着いてきました。今回は…

アニメ「BANANA FISH」 〜みつかって、なくして…〜

こんにちは! 今日は、昨日の続きと思っていたのですが、学校が休校で息子がいるため、 別の話題にします。 アニメ「BANANA FISH」について 内容については、改めて後日書きたいのですが、昨日、OP・ EDの曲が、心にぐっさりときたので紹介したいと思います…

ドリカムの「go for it !」の替え歌いってみます💦  〜 自分への応援歌✨ 〜

こんにちは! 今日は、珍しく、主人について少し書こうと思います。 私が「ハハゲーノ」なので、真逆な人 という意味で 主人=「チチゲーナ」と呼ばせて頂きます。 十数年前、とあるパーティーで、私たちは出会いました。 その時、なぜか高意気投合し…今に至…

魂の恩人  〜 感謝の思いを込めて🍀 〜

こんにちは。 突然ですが、私は、こんな体の持ち主です。↓ obachantoarts.hatenablog.jp そんな訳というか、なんというか、今年のヘンテコ気候変動に、体がついて行きません。 毎朝思うのは 「今日は、何着たらいいのかい!長袖かい?半袖かい?それともニッ…

作曲家 木下忠司さんの作品  〜 喜びも悲しみも幾歳月 102歳 ご冥福を祈ります 〜

4月30日、作曲家、映画音楽家の、木下忠司さんがお亡くなりになりました。 老衰のため、102歳とのことです。 木下忠司さんの代表作を、2曲紹介させて頂きます。 喜びも悲しみも幾年月(昭和32年) 若山 彰 こちら、幻の3番入りは、迷いましたが、やは…

GW、今年も色々ありました。〜揺れる(元)乙女心を替え歌に💦〜

こんにちは! 先日、GWに行ったミュージカルについて書かせて頂きましたが… 今日は、その後の私の行動について、書かせて頂きます。 劇終了後、興奮冷めやらぬ中、ゲーノ家族は会場を後にしました。 が、 渋谷駅に着くころには、私の頭の中は、次なる難問を…

高畑勲監督へ  〜 人の情けをはぐくみて 〜

今日も、高畑勲監督への思いを書かせて頂きます。 私、こんなにも好き好き書いておりますが、実を言うと、監督の作品を 映画館で観た事が、一度もないのです。 全て、テレビで放送された時や、DVDやビデオで観て、ようやくその作品の素晴らしさに気がついた…

再び「親子関係の負の連鎖からの卒業」

こんにちは! ようやく、明日から学校です。 今日は教育に関する過去記事をアップ致します。 obachantoarts.hatenablog.jp おつきあいありがとうございます。

チーター魂  〜365日…昭和と平成の…間💦〜

こんにちは! 今日は珍しく、ど演歌と平成歌謡曲について、しるぶぷれm(_ _)m 数年前、息子が小学低学年の今時分、こんな歌を歌っていました。 「じんせいは 〜 紙ヒコーキ〜 ♩」 当時、テレビをほとんど見なくなっていた私は、その歌詞を聴いて 全く馴染み…

新書「諦めない力」佐藤信夫 著 〜スケート人生65年の師匠✨〜

こんにちは! 今日は、ピカピカの新刊本✨ フィギュアスケートの佐藤信夫コーチがお出しになった本 「諦めない力」〜フィギュアスケートから教えられたこと〜(扶桑社) について書きます! 諦めない力 フィギュアスケートから教えられたこと 作者: 佐藤信夫 …

「ミライの授業(瀧本哲史・著)」の紹介 〜14歳の、そして14歳だった皆さんへ〜

こんにちは! 今日は、「ミライの授業」(瀧本哲史著)について、紹介致します。 私はこの本を、「おうちコープ」を通してしばらく前に、購入していました。その時は、いずれ中学生になる息子のために購入したんだと思います。 昨日、少し暇ができて、ふと本…