読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しみを希うオバちゃん

家族泣かせ・多趣味人間のブログです。主に書評・映画・音楽等の芸術についての、感想等を書かせて頂きます。時々、フィギュアスケート等のイラストもアップします。

ディケンズ魂 〜 親としてやっておきたい事 〜

今回は、私の子育てについて、書かせて頂きます。

私は、子供を授かって以来、ずっと考えてきた課題があります。

それは、親として、子供のために何を「のこすか」という事です。

 

人間、いつ何があるか解らない。我が子が成人するまで、両親ともに、心身健康でいられるとは限らない。もしも自分の手で育て上げる事が出来なくなった時、世に蔓延る様々な「悪影響」「絶望」「本当の不幸」から、我が子を守るために、今、自分ができる事は何か?

 

「衣食住」「蓄え(お金)」もちろん、それも大事でしょう。

でも、私が息子に「のこしていきたい」と、強く感じるものは、それ以上に「知的・文化的・芸術的財産」なのです。

なぜなら、私の場合は、私をこれまで「死」を選ぶほどの絶望から救ってくれたものは、家でもなく、学校でもなく、病院でもなく、

「映画」「芸術」「文学」だったと思うからです。

 

そんな訳で、私は、自分を救ってくれた「書物」「映像(DVD等)」「音楽(CD)」…特に、古典や数十年たっても色あせない傑作だと感じたものを、できるだけ購入しております。

最初は、少しづつ・・と思っていた計画が、最近は、かなり加速度的になっています。

 

(ムム・・これは・・) 数分後 「買いだー!」(ポチッとな)

になってしまう事が増えています。

 

私は「借金」は嫌いです。

「衣食住」は大事だと思います。

「貯蓄」も、大事だと思います。

という訳で、我が家の経済状況に配慮しつつ、

 

「買うべきか、買わざるべきか、それが問題だ…」などと、半分ふざけながら、悩む毎日です。そうしたストレス(楽しみ?)が、胃にきやすい私の場合は、

 

「大いなる遺産」というより「おお・・胃なる胃酸」という感じです。

 

その様にして、私が改めて「良い」と思った作品等を、皆様にもお伝えしたいと感じた事も、「ブログをやろう」と思った一つの理由です。