読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しみを希うオバちゃん

家族泣かせ・多趣味人間のブログです。主に書評・映画・音楽等の芸術についての、感想等を書かせて頂きます。時々、フィギュアスケート等のイラストもアップします。

映画「おっぱいバレー」 〜この素晴らしき、ピュア・エロ男子中学生達〜

皆様こんにちは。

オペラ界の「可憐な大和撫子」についての記事の次に、この話題持ってくる自分て…

やはり、「突飛」とか「変」とか、言われても仕方がないのかなと思うのですが…

(因みに、家族からも、会話の話題がコロコロ変わる事、黙っていたと思ったら、いきなり「⚪️⚪️ってすごいよね!」とか、話題を振られる事に「ついてけねー」と、日々言われています💧)

画面にに向かった瞬間、「これ書きたい」と思ったので、行ってみます。

邦画「おっぱいバレー」について書こうと思います。

この映画は、2009年公開された映画ですが、私は、その数年後に、DVDで鑑賞しました。

映画の冒頭からの数分間…「この子達は、いったい何をしているんだろう?」

と、不思議に思いつつ観ていて、更に数秒後、彼らの行動理由がわかった瞬間、

オバさんは、正直「コケッ」と、なってしまいました。そして思いました。

「やはり、男子中学生の頭ん中って…こういうもんなの?」

彼らは、中学のバレー部員なのですが、全然やる気が無く、他生徒達からもあきれられている存在。そんな中、綾瀬はるかさん演じる、転任してきたばかりの、若く美しい女性教師が、彼らの顧問になる事に…

転任前の学校で、ある事件によって生徒の信頼を失い、教師としての自信を失いかけていた彼女。新しい学校で、再び教師として、がんばろう、生徒達と真摯に向き合おうと思っていた彼女は、部員達を鼓舞するためにこう言うのです。

「本気で頑張るなら、先生、何でもするから」

しばし、5人でこそこそ相談したのち、彼らのリーダーは、こう言いました。

「試合に一勝したら、先生のおっぱいを見せてください!」

先生

「え…」

困惑するも、今度こそ生徒達の信頼を失いたくなかった彼女は、はっきりしない態度しかできなかったため、生徒達は、すっかりその気になり、

「先生のおっぱいみるぞー!おー!的な展開に…

(余談ですが、その時、私の昔の一同級生男子の無邪気な笑顔が脳裏を過ぎったのは、言うまでもありません。)

 

それまでとうって変わって、練習に励む部員達。

その姿に感心しながら、遠慮がちに、

「もう、おっぱいの約束なしでもがんばれるよね?」(セリフうろ覚えです)

と訊ねた先生に、やはり、無邪気に、明るく

「いえ、全然✨(あっけらかん)」

と答える少年達。

 

確かに、彼らは、エロいけど、バカだけど…なんか可愛い、憎めません!

そしてオバさんも思いました。

そうだよねえ…私も、もしも自分が男に生まれ、中学のバレー部に入り、

彼らと同じ立場になったとしたら…同じようにモチベーション急上昇したのかも…?

だって、やっぱり、綾瀬はるかさんは、美しく魅力的な女性ですものね♡

 

予告編の動画をアップしたかったのですが、残念ながら見つけられませんでした。

ので、主題曲の動画をアップ致します。

 


Caocao / 個人授業


モチベーションが何であれ、彼らは、しっかり青春してます✨

まったくもって、

「ナイス・おっぱい!」ですね!