芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

昔の「名作アニメ」について〜「親はおらねど、子は育つ」と言われていた時代?💧〜

こんにちは!

突然ですが、私は好きな名作アニメが結構あります。

(個人的に、当たり外れはあったと思いますが)

私の子供の頃は、カルピス劇場ハウス劇場NHKのアニメとか、たくさん製作されていました。

振り返ってみると、恵まれた子供時代だったのかな〜と感じる事もあります。

 

息子が小学校入学した頃から、「自分が好きだった作品を、息子にも見せたい」という気持ちが強くなり、勢いに任せて、数種のDVDボックスを買ってしまいました。💦

で、改めて感じた事があります。

 

主人公(少年・少女)が、物語の最初から、両親がまともに揃っていないお話が多いんです。

 

「ハイジ」

両親と生まれてすぐ死別。叔母に育てられ、幼児の頃からは祖父に育てられる。

フランダースの犬祖父に育てられ…可哀想すぎてとても見せられない感じ。

母をたずねて三千里家の経済的理由で、母親が遠い異国に出稼ぎに…

ペリーヌ物語旅の途中で、両親を失う。

あらいぐまラスカル12歳くらいで、母親が病気で亡くなる。

赤毛のアン生まれてすぐ両親をなくし、孤児となる。

小公女セーラお嬢様だったのに、父親が財産を残さず亡くなり、孤児になる。

小公子セディ

父親が急死し、母と共に父方の祖父(伯爵)の元に行くも、母親と引き離される。

ロミオの青い空

家の経済的理由で、遠く離れた土地で、煙突掃除の親方の元で働かされる。

家なき子

捨て子だったのを貧しい夫婦に拾われ育てられたが、経済的理由で、幼いうちに旅芸人に売られてしまう。

「宝島」

父は亡くなっており、母と共に店を切り盛りしている。のち、大人たちと共に宝島を目指す。

 

他にもあったと思いますが、私が好きだったけど、まだ息子に見せられないと思うのは、以上だと思います。

 

今のところ、息子が喜んでハマったのは、

「ニルスの不思議な旅」

トム・ソーヤの冒険インジャン・ジョー登場の回を除く)

くらいです。(トム・ソーヤだって、両親が亡くなっていて、叔母さんに育てられています💧)

 

今、我が家には、「ペリーヌ」「ラスカル」「家なき子」「宝島」「ガンバの冒険

がスタンばっているのですが、ビビ…もとい、ナイーブな息子は、

「両親のいない子の話」

「戦いもの(人が死ぬ)」の話は、嫌なのだそうです。

 

まだ乳児の頃、私たち両親が警察系のドラマを見ているのを横で聞いていて、

「ピストルの音」「殺しの場面」「バトルシーン」とかに、すごく恐怖心(トラウマ)を持ってしまったようです。(ダメ親💦)

 

ガンバの冒険も、たとえ登場キャラが動物たちだったとしても、息子はまだ、

ノロイの恐ろしさに耐えられないだろうなと。

 

たかが「イタチ」されどノロイ白い悪魔)」ではないかと💧

f:id:syutaitekizinsei:20171125173344p:plain

 

てな訳で、スタンバイしているボックスも、あと1年は、寝かせておくべきだろうと感じる今日この頃です。

 

お付き合いありがとうございました。