芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

アニメ「カリオストロの城」について  〜家族3人で観ました〜

こんばんは!

最近、アニメネタが続き、すみませんm(_ _)m

 

先週金曜日に放送されたアニメ「カリオストロの城」を録画し、

土曜日に息子含め家族で観ました。

 

息子は戦いものとか、人が死ぬ話が苦手なので、

伯爵の手下の殺人集団におわれるシーンとか、ルパンが打たれるシーンとか、

とことん性格の悪い「伯爵」とか、彼の悲惨な死に方とか…

 

嫌がるんじゃないかと思ったのですが、それよりも、ストーリーの面白さ、ルパン・トリオ+銭形警部&不二子ちゃんの魅力的なキャラの面白さの方が勝ったようで、ハラハラ、ドキドキ、喜んで最後まで見ることができました。

特にうちの息子が好きになったのは、「五右衛門」だそうです。

 


劇場版 ルパン三世 カリオストロの城より 炎のたからもの

 

という訳で、気にいるとなると、何度もリプレイしたがる息子は、三日続けて「カリ城」見ています💧

 

それでも、「カリ城」「ルパン」ファン歴の長い両親は、嬉しくなり、

「五右衛門の斬鉄剣(字違ってたらすいません)は、こんにゃくが切れないんだよ」

とか、「次元は、凄腕のガンマンなんだよ」とか、うんちくを語ってしまいました。

 

次は、「未来少年コナン」を、見せるべきだろうか…と悩んでいる。私でありました。