芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

ある日の息子と私 〜名作童謡と名作オペラの…あいだ💦〜

こんにちは!

今日は、私事と、息子の事を書きます。

 

私は、30半ばを過ぎてから、ヴァイオリンを始めました。

理由は、

当時、自分の時間がほとんど持てなくて、ストレスで死にそうだったから。

音楽は好きだったけど、ピアノは向いてないとわかってたから。

弦楽器の音が好きだから。

サイレント楽器があったから。

です。

 

てな訳で、自分で働いたお金で、まずサイレント楽器を購入。自室でこっそり独学で弾き始めました。とても楽しかったので、パート先に近いお教室で、仕事の帰りにこっそり習い始めました。とても楽しかったので、

教室の発表会に、こっそり参加する事にしました。

が、

発表会に参加するには、サイレント楽器ではダメとの事。そんな訳で、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、⚪️十万の楽器を購入しました。発表会は、恥をかきにでたようなものでした。ですが、やはり自分はヴァイオリンが好きなんだという事がわかりました。

 

その後、妊娠、出産、育児が始まり、育児中も少しは弾きたいと思っていたのですが、私の下手な演奏を、幼い息子が「うるさがって」大泣きするので、6年ほど封印していました。

 

息子が年長の頃、そろそろ何か楽器をやらせたいと思いました。が、やはり血筋か、ピアニカが全然弾けてなかったので、ピアノはあかんと思い、近くのヴァイオリン教室の体験をさせました。

こちらの方は、どうにか音が出せていたので、これも血筋かな〜と思い、習わせる事にしました。それを機会に私自身も、チケット制で、レッスンを再開したのでした。

 

久しぶりのレッスンは、やはり楽しかったです。家から近くて、リーズナブルで、先生も優しい先生なので、ラッキーでした。

最初の1年目は、息子はまだ曲が弾けなかったので、私だけ発表会に参加。

こんどは、なんとか音が出せました。

 

2年目には、息子も、曲らしきものが弾けるようになってきました。

私の方は、ちょうど「浅田真央リスペクト曲」を猛特訓中の時期でした。

 

ある日、息子レッスンで、先生が息子におっしゃいました。

「こんどは、『ちょうちょう』弾いてみようか?」

すると息子曰く

「あ、お母さんと同じ曲だね♩」

私…数秒かかり理解

 

「お母さんがやってるのは、

『ちょうちょう・ふ・じ・ん』だから!!!」

 

f:id:syutaitekizinsei:20170225140120j:plain

 

ちゃんちゃん♩

 

おつきあいありがとうございました。