芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

作曲家 木下忠司さんの作品  〜 喜びも悲しみも幾歳月 102歳 ご冥福を祈ります 〜

4月30日、作曲家、映画音楽家の、木下忠司さんがお亡くなりになりました。

老衰のため、102歳とのことです。

 

木下忠司さんの代表作を、2曲紹介させて頂きます。

 


喜びも悲しみも幾年月(昭和32年) 若山 彰

こちら、幻の3番入りは、迷いましたが、やはり歌詞が素晴らしかったので、アップさせて頂きました。使ってはいけない動画でしたら、申し訳ありません。m(_ _)m


あゝ人生に涙あり 幻の3番入り


【高音質】ああ人生に涙あり(第33部)

 

私は、幼い頃からこの歌によく励まして頂きました。

本当に素晴らしい曲を残してくださり、深く感謝しています。

 

ご冥福をお祈りいたします。