芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

村上春樹様へ 〜 私は「村上主義者」ですと言わせて頂きます。 〜

今週のお題「あの人へラブレター」

 

こんにちは。

突然ですが、私は村上春樹さんのファンです。

作品を、全て読んでいるわけではありませんが、

20代に「ノルウェーの森」を読んで以来、その魅力にはまりました。

私が購読したのは、その他には、小説は

海辺のカフカ

「1Q84」

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

です。

 

エッセイ等のジャンルで購読したのは、

「自伝的エッセイ 村上春樹 『職業としての小説家』」

村上さんのところ

です。

 

小説以外の2冊は、1年ほど前に、購読したと思います。

 

先日、「村上さんのところ」という本が、単行本になったというようなことを

新聞で読んだ気がしましたので、その本を少し紹介させて頂きたいと思いました。

(勘違いでしたら、申し訳ありません)

 

この本は、村上春樹さんが、17日間の募集期間中に(3万7465通届き、村上春樹さんは、全て読んだそうです)、読者の方から届いたメールに返信した、473通のメールのやり取りを本にまとめたものです。

 

この本を読んで、私がびっくりしたことがあります。

それまでの私は、

まさか自分が、村上春樹さんの本を読んで、ほぼ、1ページ毎に

爆笑する日がくるとは、思っていなかったということです。(なんか文章変ですね💦)

 

もちろん、数あるやり取りの中では、深刻な問題、深刻なお返事等も多々あり、笑ってばかりいたわけではないのですが。

 

村上春樹様、ご健康と、益々のご活躍をお祈りしています。

素晴らしい物語、エッセイの数々、ありがとうございます。