芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

映画「愛と哀しみのボレロ」について…少しだけm(_ _)m 〜 バレエ「ボレロ」とは!!こちらです✨ 〜

こんにちは!

昨日は、英雄町田樹氏について、記事を書かせて頂きました。

最初のアップ時には、やってはいけないレベルのミステイクをし、穴があったら入りたい気分です。申し訳ありませんでした。歳のため、頭錆びちゃってるんです💦

勘違い、気をつけたいと思います。m(_ _)m

 

今日は、昨日アップしました、マッチーの「ボレロ」演技について、私が知っていることを、少し書きたいと思います。

 

バレエ「ボレロ」…それは、モダン・バレエで超有名な演目です。

作曲家モーリス・ラベル作曲の「ボレロ」に、モーリス・ベジャール氏の振り付けた、傑作中の傑作といっても過言じゃないのではないかと。この演目の主役は、本当に超超超超超優れた、ダンサーの中のダンサーでないと踊るのを許されない…みたいなことを何かで見たか、読んだかした記憶があります💦

 

私が初めてバレエ「ボレロ」を見たのは、こちらの映画のラストシーンです。

 

「愛と哀しみのボレロ」(1981年)フランス映画だったと思います。

第二次大戦中、戦後の時代背景で、フランス、ドイツ、ロシア(旧ソ連)、アメリカ…それらの国々で、活躍されていた実在の人物たちをモデルにした登場人物が、少しづつつながって行き…という…うまく解説できませんm(_ _)m

 

登場人物のモデルになった、実在の人物は、ルドルフ・フレエフ(バレエ・ダンサー)

エディット・ピアフシャンソン歌手)ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮者)グレン・ミラー(音楽家

 

この壮大な映画のラストを飾るのが、パリ、エッフェル塔前のトロカデロ広場で披露される、ジョルジュ・ドン様によるバレエ「ボレロ」なのです。

f:id:syutaitekizinsei:20180617102600p:plain

 

当時、バレエに全く無知だった私も、これを見て、目が醒める思いがしました。

 


クロード・ルルーシュ監督が手掛けた名作!映画『愛と哀しみのボレロ』予告編

 

ドン様の動画は、見つけられませんでした。

ロシアのレジェンド・プリマ、マイヤ・プリセツカヤさんのボレロが見つかりましたので、アップさせて頂きます。


Maya Plisetskaya - Bolero (choreography by Maurice Béjart)

 

まっちーの、氷上・ボレロも、本当に素晴らしいと思いました。

 

言葉足らず、知識不足の記事で大変失礼しました。