芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

バレエ「ボレロ」の思い出 〜 ドン様✨とギエム様✨ 〜

こんばんは!

迷いましたが、今日は「ボレロ」の思い出について

もう一記事行ってみます。

 

私は、劇場で生の「ボレロ」を、2回観た事があります。

 

1度目は、20歳前後の頃の、浅田真央ちゃんが、まさに産声をあげていたかもしれない、名古屋の大きな会館で「ジョルジュ・ドン様」の「ボレロ」を観ました。彼の男らしく、ダイナミックかつ美しい「ボレロ」が見れた私は、本当にラッキー・ガールでした。

おまけに、今では考えられない事かもしれませんが、「ボレロ」の後、観客たちが舞台真下にわーと集まっていったら、

なんと!

ドン様は、一人一人と、快く握手をしてくれたんです。私も流れに乗って舞台へ向かい、駄目元で手を差し出したらですね、

非常に愛と力のこもった握手をして頂けたのです。

 

とても嬉しかったです。

しかし、その数年後にドン様が亡くなられた事を知り、非常に驚き、信じられませんでした。

とても得難いダンサーを失ったと感じました。

 

その後、20代後半に、シルビー・ギエムさんの「ボレロ」を観ました。

ギエムさんの「ボレロ」も、圧巻でした。

その公演では、ギエムさんの「シシイ」という演目も印象深かったです。

それは、オーストリア皇妃の「エリザベート」(振り付けは、モーリス・ベジャール)についての踊りで、悲劇の皇妃の心情を表現するギエムさんも、とてもダイナミックながら繊細で美しかったのを覚えています。

 

お二人の、偉大なダンサーの生ボレロが観れた私は、ラッキー・ガールだったと

思います。

 

という訳で、バレエ「ボレロ」は、私にとっても、本当に特別な演目なのです。

 

お付き合いありがとうございました。