芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

少女時代(中三)  〜 目覚めの年・受験の年 〜

こんにちは!

今日は、中三時代について書きます。

 

 

中三になり、またクラス替えがあり、今度は、3人の気の合う女子友達ができました。

そして、好きな男子とも、また同じクラスになりました。

その子も私も、お絵描き好きなのは相変わらずの様でした。

 

そんな訳で、二年の時ほどの緊張感は、感じなくなったかもしれません。

別の緊張感はあったかもしれませんが。

 

それから、その年の春、私は一本の映画と出会いました。

それは、

ネバーエンディング・ストーリー

でした。

 


ネバーエンディングストーリー The Neverending Story 1984

 

この映画との出会いをきっかけに、私は3つのものに目覚めました。それは

「洋画」「本(主に児童文学)」「洋楽」

です。

以降の私は

「洋画」=見るのが義務!!!

「本」=読むのが義務!!!

「洋楽」=聴くのが義務!!!

…というのは、大袈裟かもしれませんが、それくらい夢中になりました。

もうすぐ受験だというのに。

 

でも私は、「ネバ・エン」に登場する、3人の子供達の美しさと、その映像美、ドキドキのストーリー展開の虜になってしまいました。

一時は、

アメリカに行って、SFXの仕事に携わりたい!!!」

などと、真剣に考えてしまったほどです。

 

一学期の期末試験を終えた直後くらいから、超分厚い原作本を読み始め、読破しました。バスチアンの孤独と苦悩に共感し、アトレイユ、幼心の君の正義感・勇気・優しさに憧れました。

 

…もうすぐ高校受験だというのに💧

 

お付き合いありがとうございます。