芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

少女時代(高校)  〜 入学したは、いいけれど 〜

こんにちは!

高校3年間は、できるだけ、はやあしで書きます。

 

 

中学初期の希望とは、違いましたが、私は受験した公立高校に入学しました。

1年時は、なんとなく抜け殻状態で、それまで頼りにしてきた勉強の教材も、中学までだったので、受け身ではない自主的な勉強方法もわからず、また成績がガタ落ちしてしまいました。

友達は何人かできましたが、相変わらず、授業中の緊張感は克服できませんでした。

相変わらず「摂食障害」「対人恐怖」などの問題を抱えての学生生活でした。

部活動も、「やりたいこと」ではなく「楽な部活」と言う選択をしました。

美術部に入ることも考えましたが、私の高校の美術部の雰囲気が、個人的にとても印象が悪かったので、入部しませんでした。

 

そして、徐々に恐怖感が募っていったのは、「大学進学」という問題にどう向き合っていくかということにたいして、前向きなビジョンが全く見えてこないという状況でした。

 

漠然と「東京の美大」に行きたいと言う希望がありましたが、美大を受験するためには、美大受験のための絵画の塾にかよう必要があることを、高二の途中で知りました。

そして、精神的にも体力的にも、学校に行くだけでやっとだったワタシが、毎日のように家からも学校からも遠い美大の塾に通うコトはムリだと感じました。

 

今日はここまでにしておきます。

 

お付き合いありがとうございます。