芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

特別な場所  〜 (芋づる式の)記憶 〜

こんにちは!

今日も、今年のお正月の出来事です。

色々昔話も語らせて頂きます。m(_ _)m

 

 

 

実は、私は、物ではないものの奪還もしてきました。

 

1月2日は、そこは、とても晴れて穏やかな日でした。

私は、家族と一緒に、久しぶりに地元の神社にお参りに行きました。

地元の風景は、変わったところも多々ありますが、「昔のまま」と言うところもまだまだあるんだなあと、改めて感じました。

 

私は別の土地に嫁いで以来、この10数年間、あまり自分の生まれ育った土地に対して「郷愁」と言うものを感じたことがありませんでした。

だから、たまにおとづれた時も、用事が済めば、早く帰りたい気持ちでいっぱいでした。

だいたいいつも「(幾つになっても娘を叱る事だけが自分の務めと信じてやまない)母との不毛な喧嘩」をせずにはいられなかったので、余計でした。

 

でも昨年、故郷について、いろいろな事を考えるようになり、私は少し考えを変えました。

両親と家を避けるのと一緒に、故郷そのものを避ける必要はなかったのではないかと。

 

外にいるのが気持ち良い日だったので、私は、この機会に、もう一つ、気になっていた場所に行く事にしました。

 

30年前、18歳の時に、当時好きだった男の子と待ち合わせをした場所です。

 

そこは、実家から徒歩で行ける場所です。

にも関わらず、私は、それ以来、そこにほとんど行ったことがなかったっと思います。

 

別の土地に引っ越してからは、特に行くこともなく、自分が知らないうちに、街並みもすっかり変わってしまったことだろうと、勝手に思い込んでいました。

 

そう想像して、ちょっと覚悟をして、そこについて見たらですね。

ほとんど変わっていませんでした。

待ち合わせの目印にしたお店の建物は、古びていましたがそのままありました。

 

私はすごく懐かしくなってしまって、そして嬉しくなってしまいました。

そんな訳で、私はその場所の風景を、何枚かスマホで写真に撮りました。

 

良い記念になりました。

 

思い出し、考えるほど、その場所は私にとって「特別な場所」だと思いました。

 

 思い出してみると、30年前のその夜もとても暖かく、風もなく、晴れていて、寒がりの私ですらも、ブラウスの上に上着を着ていませんでした。

 

あの日、もし、寒かったり、風が強かったり、雨が降っていたら、自分はどうしていたのだろうか?と、思います。そうではなくて、本当に良かったと思います。

 

 

ズルズルと、芋づる式に記憶が出てきています。断片的に。

もうですね、

ジャガイモやサツマイモを収穫するお百姓さんとか

地引網引く漁師さんの気持ちって…こんなんでしょうか?

と言う気分です。

 

意外にも(記憶の)「大収穫」

意外にも「大漁」

 

だった・・・みたいな💦

と言う訳で、今日のBGMは、

 

「30年ぶりにあの場所に行ってきました!」を祝して、

 

スピッツ名曲 3曲 失礼します。

 


スピッツ / 君が思い出になる前に

 


スピッツ - チェリー 【30th ANNIVERSARY】 歌詞付き

 


スピッツ 涙がキラリ☆ α波【癒しのオルゴール】 Music Box

 

スピッツも大好きなんです。

にも関わらず、昨年が「30th ANNIVERSARY」だった事を知りませんでした💦

そして、スピッツの曲を聴くと「α波」出ちゃうんですね!!

すごくよくわかります。

なんか、本当に出ちゃう気がするなと思ってしまった、水曜日の昼下がりでした。