芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

「映画」について 〜 自分にとっての映画 〜

 こんにちは!

最近、自分にとって、映画ってどういうものかな、と考えました。

 

若い頃の自分にとって、映画鑑賞とは、

 

「タイム・トラベル」

「海外旅行」

「歴史の勉強」

「(何かに興味を持つ)きっかけ」

「学び」

「地理の勉強」

「喜び」

「エンターテイメント」

 

そして、何よりも

 

「生きる活力の源」

 

のようなものでした。

 

「ニューシネマ・パラダイス」の主人公のトト少年は、「映画」が全てという感じでした。

私の時代と環境には、他にも「テレビ」「お笑い番組」「アニメ」「漫画」「小説」などもありましたが、私が子供の頃でも許されたものの中では、一番贅沢な「娯楽」だったと思います。

 

私は個人的に、子供と大人の師弟関係のお話に、心引かれるものが多いのですが、

「ニューシネマ・パラダイス」も、師弟の絆が大きなテーマでした。

 


Nuovo cinema Paradiso Trailer

 


Trailer - Nuovo Cinema Paradiso

 

私が初めてみた「イタリア映画」だったのではないかなと思います。 

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]

 

 

ブログを始めたばかりの、映画についての記事です。

obachantoarts.hatenablog.jp

 

お付き合いありがとうございます。