芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

That’s What Friends Are For(愛のハーモニー)  〜 漠然とながら感動した20世紀末の曲 その① 〜

こんにちは!

 

今日は、80年代中盤に、私が、一回聴いて、めっちゃ感動した曲について書きます。

 

この曲は、おそらく私が イチゴ(15歳)ちゃんの頃に流行っていたように思います。

 

しかしながら、当時は、今のような(ある意味)便利なネット社会ではなかったので、英語の曲の歌詞を理解するには、親切な和訳歌詞カードをアナログで探すか、自身の英語理解力を高めるしかなかった時代・・だったように・・記憶しています。

 


Dionne & Friends "That's What Friends Are For" (1988)

 

今回は、こちらの

 

ページで、歌詞・和訳を確認いたしました。

 

blogs.yahoo.co.jp

 

 

私レベルの英語力でも、なんとなく理解できていた部分も、少しあります。

 

私が好きなのは  サビの

 

keep smiling keep shining・・

 

for  good time  and  bad time・・

 

というところです。

 

f:id:syutaitekizinsei:20190228110431j:plain

 

ありがとうございます。