楽しみを希うオバちゃん

家族泣かせ・多趣味人間のブログです。主に書評・映画・音楽等の芸術についての、感想等を書かせて頂きます。時々、フィギュアスケート等のイラストもアップします。

映画「陽のあたる教室」について 〜 ガーシュイン音楽を教えてくれた映画 〜

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

我が家は、夏休みも後、残り二週間を切り、宿題の進み具合に焦りを感じる今日この頃です。

 

前回、浅田真央ちゃんの「アイ・ガット・リズム」について書かせて頂きましたので、今回は、この映画について、書いてみたいと思います。

「陽のあたる教室」です。

 

1995年

アメリカ映画

監督 スティーブン・ヘレク

脚本 パトリック・シーン・ダンカン

音楽 マイケル・ケイメン

 

グレン・ホランド  リチャード・ドレイファス

アイリス・ホランド グレン・ヘドリー

ビル・マイスター  ジェイ・トーマス

ジェイコブズ校長  オリンピア・デュカキス

 

私はこの映画を、1990年代後半に、DVDで、初めて観ました。

 

主人公のホランドは、ニューヨークでバンドマンをしていたが、妻との安定した生活と、長年の夢である作曲する時間を手に入れようと、高校の音楽教師の職に就く。が、教師の仕事は、楽観的予想に反して、非常に多忙な激務であった。

これでは、作曲する時間など作れそうもないと戸惑う一方、音楽に無関心だったり、様々な悩みを抱える生徒たちに、音楽の楽しさ、素晴らしさを教えることに、教師としてのやりがいを見出していくホランド

やがて、一人息子に恵まれるが、愛する息子が、生まれつき耳が聞こえていなかった事に気付きショックを受ける。

そして、忙しい日々の中でも、事ある事に心に押し寄せる「自分の作曲、音楽に没頭したい」という衝動と苦悩。

しかしその後も、教師、夫、父として、様々な問題にぶち当たりながらも、音楽、家族、生徒たちへの愛情を原動力として、精力的に活動する。

そして時は流れ、息子は頼もしい青年に成長し、いつの間にか年をとっていたホランド自身は、不本意ながらも、退職の日を迎えるのだが、荷物と家族ともに、学校を去ろうとしていた彼に、今まで教えてきた多くの生徒たちからの、サプライズがまっていた。

 

私は、主演のリチャード・ドレイファスさんが、とても大好きな俳優さんです。

様々な映画で、その都度、共感の感動を与えて下さいました。

この映画も、例外ではありませんでした。

映画の中盤で、学校で、ガーシュインの音楽でのミュージカル・ショーをやる事になります。なかなか主役の生徒が見つからない中、オーディションを受けにきたロウェナという女生徒の美しい歌声に、ホランドは、心奪われます。

ロウェナの才能に気付き、ニューヨークに行き、プロの歌手になる事を勧めるホランド

ロウェナの方でも、自分の才能を初めて認めてくれたホランドに、大きな愛情を抱くようになります。その思いを、ガーシュインの「サム・ワン・トウ・ウオッチ・オーバー・ミー」の歌に込めて、大勢の観客とホランドの指揮に向かって熱唱します。

 


Mr Holland's Opus - Gershwin mix


Rowena Morgans audition in Mr. Hollands Opus

 


Jean Louisa Kelly in Mr. Holland's Opus

 

私は、この映画のロウェナ(ジーン・ルイザ・ケリーさん)の歌声で、初めて、この歌を知りました。

以来、この歌は、若い頃の私の「婚活ソング」となり、婚活にくじけそうになると、この歌を家で熱唱しておりました。

そして(幸か不幸か)現在に至ります💧

 

アメリカの文化、音楽、ミュージカルの楽しさを、教えてくれた映画でした。

ラストシーンは、感動的でありながら、ホランド先生の、なんとも言えない、切ない思いも感じた、私でありました。

 

 

 

 

浅田真央イラスト「アイ・ガット・リズム」 〜 ⚪️ルト⚪️のマオちゃん? 〜

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私は、アイス・ショーの興奮からまだ冷めていない状態です。

ショーの演目には、ありませんでしたが、

今回は、「アイ・ガット・リズム」のイラストを描いてみました。

このポーズのマオちゃんの、美しいおし・・・いえ、ヒップ・ラインが

どうしても描きたくなったんです。

 

f:id:syutaitekizinsei:20170811191821j:plain

 

私は、初めて、このプログラムを観たとき、このお衣装を観て、個人的に

「ウルトラの(母じゃなくて)マオちゃん?」と、思ってしまいました。

フィギュアスケートの試合ではあり得ない事だとは思いましたが、

ひそかに、髪のしばり方、両脇二つ結びだったら、ツボだったかなあと、思っています。

後から、インタビューか何かで、この曲は、明るく元気になるような衣装で演じたかった・・・的なことを言ってらっしゃった(うろ覚えですm(_ _)m)のを知って、

なるほどな〜と感心しました。

 


2013 4CC Mao ASADA SP

 

まさにビビッドでインパクトのある、綺麗なオレンジ色ですね♬

プログラム自体も、とても元気で明るくて、若さと情熱弾けるマオちゃんが、再び見ることができて、とても嬉しかったプログラムでもあります。

 

イラストの背景は、「アイ・ガット・リズム」の歌詞をイメージして、欲張って色々書いたら、こんな風になってしまいました。でも、私は、この歌の歌詞が、とても好きなのです。

思わず歌いたくなってしまいます。

 

「ふー くどう あすく ふぉー えにしん もー ♬」

 

THE ICE 2017 名古屋公演に行ってきました 〜THE ICE を 愛す❤️〜

※追記あり

 

残暑お見舞い申し上げます。

私は、8月4、5日と、真央ちゃんのショーに行って参りました。

残念ながら、最終日は行く事ができませんでしたが、素晴らしいショーを、

2回観る事ができました。

足腰しょぼい私ですが、なんとか無事に、行く事ができました😅

 

今年のショーのオープニングの趣向は、バレエ好きの私は、とても嬉しゅうございました✨

バーでのウオーミング・アップ・・そして、出演者全員でのリチュアルダンスも、圧巻でした。

試合を生で見た事がない私にとっては、リチュアルダンスの赤のお衣装と演技、蝶々さんのお衣装と演技(ジェフリーさん演じるピンカートンとご一緒)、フィナーレの出演者全員とのメリー・ポピンズのお衣装と演技が、生で観れて、本当に嬉しかったです。

 

蝶々さんでは、ピンカートンさんとの出会い、恋、別れ、そして死(たぶん)が、美しくも哀しく表現されていて、

「こんな美すいー大和撫子を捨てるなんざ、信じらんない!ピンカートンのばっきゃーろー!!!」と、ジェフリーさん演じるピンカートンの白い背中に向かって思わず

(心の中で)叫んでおりました!

 

全体的に、浅田真央ちゃんの今までの名プロを振り返る感じのショーで、改めて、

「引退なんだな」と、感じる事も多かったですが、出演スケーターの、ソロ演技も、みんな素晴らしかったです。

中でも私が嬉しかったのは、舞ちゃんの「ブラック・スワン」です。

本当に素晴らしかったです。

舞ちゃんにしか出せない「華」のある演技で、美しくて、女性らしくて、超かっこいい演技でした。これは絶対、描きたいなーと、思ってしまいました。

舞ちゃんは、私にとっては、

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」だなーと感じる存在です。

そして、本当に多才で「できる女性」だなーと、改めて感じました。 

 

 真央ちゃんの「エレジー」「ウインド・ビニース・マイ・ウィング」も、素晴らしかったです。中でも、真央ちゃんの、白いお衣装での美しいバレエ・ジャンプが、目の前で観れたのが、とても嬉しかったです。

こちらも、また描きたいなーと、思いました。

 

絵を描くためにも、ショーに行くためにも、改めて、体力作り、頑張ろうと感じた旅行でした✨

 

※ 追記

 

thank you Mao のピンクのバーナー(と言うのでしょうか?)

を印刷して持って行きたかったのですが、

出がけで時間がありませんでした。

そんな訳で、超アナログ な私は、

前々から用意しておいた、手書きの応援の紙を持って行きました。

こんなんです。

 

f:id:syutaitekizinsei:20170808131922j:plain

 

気がついてもらえていたら、嬉しいです。

浅田真央イラスト 「バラード1番(ショパン)」  〜白いお衣装です〜

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私は、やっぱり、真央ちゃんイラストを描いています。

「真央ちゃんを描きたい病」が、すごいことになってます💧

林先生じゃないですが、「描くなら今でしょ」みたいな心境になっています。

今回は、珍しく、お手本を見ながら、直感で描いて、最後に、手足の長さだけものさしで微調整して、描いてみました。

イラストには、「2011」と、記入してしまいましたが、後から貼り付けた動画を見ると、「2010 」となっていたので、また勘違いしているかもしれません。

申し訳ありません。m(_ _)m

 

f:id:syutaitekizinsei:20170729093213j:plain

  


浅田真央(mao asada) TEB 2010 EX「バラード第1番」HD 高音質 Ver. 保存版

 

白いお衣装も、黒いお衣装も、それぞれ可憐なインパクトがあって、芸術的だなあと思います。

 

「バラード1番」というと、映画でも、印象深い映画があるのですが、

近々その映画についても、書かせて頂きたいなと、思っております。

 

過去記事の訂正をさせて頂きました。ショパンの「ワルツ7番」じゃなくて「バラード1番」でしたm(_ _)m

 前々回に書いた記事に、またしても痛恨の勘違いがありまして、訂正させて頂きます。

過去記事自体も、文章を訂正させて頂きました。

 

今日は、「バラード1番」の、もう一つのお衣装の方のイラストの下書きをアップさせて頂きます。

 私は、バレエ・ジャンプが大好きで、ジェイソン・ブラウン君と、アダム・リッポン君と、真央ちゃんのバレエ・ジャンプが、とても美しくて、大好きです。

f:id:syutaitekizinsei:20170724220806j:plain

 

 ところで、私が勘違いしてしまいました、「ワルツ7番」のプログラムは、もしかして、「ザ・アイス」でだけ観れたプログラムだったのでしょうか?

色々、勘違いだらけで、いつも申し訳ありません。m(_ _)m 

 


浅田真央(Mao Asada)バラード第1番ト短調 黒バラ

 

これからは、間違いのないように、より、気をつけようと存じます。

 

 

浅田真央イラスト・完成編「仮面舞踏会(SP)」 〜ピンクのバラのイメージです〜

皆様、暑中お見舞い申し上げます。

私は、今回は少し、画材にこだわって、色を塗ってみました。

パステルを使ってみました。

いつも、

「背景どうすべ・・・」と悩むのですが、今回は、

「ピンクの薔薇」にしてみました。

あまり植物は書く機会がないので、図鑑の薔薇を参考に描かせて頂きました。

学研さん、いつもお世話になっております。

 

f:id:syutaitekizinsei:20170719104008j:plain

 

そして、あのバンクーバーの動画をアップさせて頂きます。

 

 


Mao Asada - Vancouver Winter Olympics 2010 (SP)

 

改めて、浅田真央にしかできない、素晴らしいプロブラム、素晴らしい演技だったと思います。

浅田真央イラスト・「バラード1番(ショパン)」 〜モノトーンにしてみました〜

※訂正  7月24日

すみません。私、この黒いコスチュームは、てっきり、「ワルツ7番」で使用したお衣装だと、思い込んでいたのですが、先ほど、「バラード1番」のエキシビションでこちらのお衣装を使用している(ゲスト解説者が熊川哲也様でした)動画を目撃して、慌てて、訂正いたしました。

当時は、公私ともに忙しすぎて、あまりフィギュアの番組をよく観て、把握できていなかったかもしれません。

もしも、「ワルツ7番」で、この黒のお衣装が使用されたことがない様でしたら、私の勘違いでした。大変申し訳ありませんでした。

今日、私が調べた限りでは、「(ショパン)ワルツ7番」のお衣装は、白い長袖、チュチュスカートで、首になにかアクセントのあるお衣装だったようです。

私は、「バラード1番」では、(袖なしの)白いシンプルで美しいお衣装のイメージが強く残っていて、勘違いをしてしまいました。

 

 

エキシビションの「ワルツ・7番」のプログラムも「バラード1番」のプログラムも、とてもセンスが良くて、美しいプログラムだと思います。

大好きです❤️

 

f:id:syutaitekizinsei:20170710130610j:plain

 

 

真央ちゃんが、元気でいる事を願います🍀