芸術は心のごはん🍚

映画・小説・漫画・アニメ・音楽の感想、紹介文などを書いています。

映画『大いなる遺産(1998年版)』について  ☘️エメラルド・グリーンの夢⛲️と『べサメ・ムーチョ』☘️

こんにちは。

 

最近、Amazon prime で、古典文学の映画やドラマをいくつか観ました。

なので、今回はこちらの作品について、数回かけて記事にしたいと思います。

 

ずっと書きたかったのです。こちらの作品について。

 

 

 

 

今回はこちら、1998年版 映画について、少し書きます。

 

 


www.youtube.com

 

私はこの映画を90年代末に観て、大きな衝撃を受けました。

その後すぐ原作文庫を購読しました。

 

19世紀の原作を、20世紀末のアメリカを舞台にアレンジしたストーリー展開です。

 

主人公少年が絵の才能の持ち主で、画家としての才能を世に出すために、謎の人物が出資してくれる事に・・・というこの映画独自の設定も、私は好きです。

 

1998年版映画のストーリーは、原作の複雑さが程よくシンプルになっている様に思います。その分、映像美や場面、役者さんの演技やセリフのインパクトが魅力的な映画だと思います。

 

アルフォンソ・キュアロン監督が、グリーンをキー・カラーとして作り上げた映画なのだそうです。

 

映画のシーンに散りばめられたグリーンが美しいです。

キャストの皆さんも、とても魅力的です。

 

主人公のフィン役のイーサン・ホークさんは、私は同い年でもあり、彼がスクリーン・デビューした時から、ずっと大好きな役者さんです。

 

エステラ役のグィネス・パルトロウさんの神秘的・都会的な美しさに、同性の私も目が釘付けになります。

 

アン・バンクロフトさん、ロバート・デ・ニーロさんの存在感・インパクトもすごいです。

 

私は、バンクロフトさん登場の、こちらのシーンが、あまりにも印象的で、

この映画の事を考えると、自動的に「べサメ・ムーチョ」の曲が思い出されます。

 

改めて観て、

 

ミス・ハビシャムが、二人を引き合わせもし、苦しめてもいたのだなあ・・

 

と、つくづく思ってしまいました。

 


www.youtube.com

 

 

と言うわけで、私にとって、この映画といえば、この曲・・と言うイメージなので

 


www.youtube.com

 

 

Besame Mucho

Besame Mucho

  • provided courtesy of iTunes

 

ベッサメ(キスして)

べサメ(キスして) 

ムーチョ(たくさん)

 

と言う意味なのだそうです。昨日、調べて、初めて知りました。

 

 

取り止めのない記事で失礼しました。

 

皆様、ご自愛ください🍀

映画『耳をすませば』について  📚 帰りたい 帰れない🎻

こんにちは!

 

先ほど、録画していた、こちらのアニメ映画を久しぶりに視聴しました。

 

耳をすませば [DVD]

 

私はこの映画を確か25歳の時に映画館で見ました。

お見合い相手と一緒に観ました。

 

相手の方の都合で、自分の地元から離れた市の映画館で観ました。

 

映画館で見た時も思ったのですが、この映画のラストシーンを見ると、いつもこんなことを考えてしまいます。

 

15歳で結婚を決意できる男子って本当にいるのかな?

 

この映画が見たいと希望したのは私だったので、

25歳の私は、ラストシーンを見てかなり焦ってしまい、年上のお見合い相手の男性にこう言ったんです。

 

「子供っぽい映画に付き合わせてしまって、すみませんでした」

 

そんなことを言いながら、実際、私はそれから30年近くの間に、この映画を何回再視聴したか、わからない位なのです。

 

この映画の主人公たちは中学3年生、受験生で進路のことでとても悩んでいますね。

私がこの映画を見た時は、+10歳でした。

当時の世の中には「結婚適齢期」と言う言葉が当たり前のようにありました。

女性は「25歳過ぎても結婚できなかったら売れ残り」みたいな風潮がありました。

くどいようですが、親も私自身も結婚についてかなり焦っていました。

 

当時の自分のその焦り様を思い出し、主人公たちと少しだけ共通点を感じてしまいました。

 

当時の私は、実家を継ぐことを強いられていたので、自分がこの歌を自分ごととして聞く日が来るとは思ってもいませんでした。

 

何の因果でしょうか、結局家を継がずに他家へ嫁いだ私は、今現在、この映画を観た映画館のある市に住んでいます。

 

20数年の間に、実家はもうなくなっていて、まさに

 

帰りたい (と、チラッと思っても) 帰れない

 

ところになっています。

 

あと、今回エンドロールをじっくり観ていて、初めて気づいた事があります。

 

高橋一生さんが、天沢君の声を担当されていたのですね!

 


www.youtube.com

 

今度、実写版が公開されるのですね。続編的なお話なのでしょうか?

 


www.youtube.com


www.youtube.com

 

・・・て、10年後のストーリーなのですね! びっくりしました!!

 

とりとめのない話になってしまい失礼いたしました。

 

 

 

 

 

 

映画『モンスターズ・インク』について  〜 🌸悲鳴よりも笑い声💡 〜

こんにちは!

 

先日、録画していた、こちらの映画を再視聴しました。

 

 

 

 

何度目かの視聴でしたが、いつも変わらず思うことは

 

ブー が 可愛い ❤️

 

と言う事です。

 

個性の違いはあると思うのですが、

女の子の幼児の頃ってこんな感じなのかな と、思ってしまいます。

 

うちには女の子はいないので、

 

自分の小さい頃はどんなだったのかなあ・・

ブーみたいにお茶目なところも あったのかなあ?

 

などと、今回は考えてしまいました。

 

それから、やっぱり、この映画の核の部分は

 

エネルギーは 

👻恐怖からよりも 笑い、喜び、安心感 から 供給(?)された方がいいよね 💡

 

と言う事なんだなあ

 

と、改めて思いました。

 

老若男女、特に子供たちが ゲラゲラ笑える、良質な物語が

これからも作られていって欲しいと、改めて思いました。

 

 


www.youtube.com

 

 

ありがとうございます 🍀

 

 

アニメ『アルテ』を観ました。  〜 🍀ルネサンス🍷 時代のフィレンツェで画家を志す女性🍀 〜

こんにちは!

 

残暑お見舞い申し上げます。

 

私は最近、こちらのアニメを視聴しました。

 

アルテ DVD-BOX

 

 

 

 

視聴したきっかけは、あらすじを読んで、主人公のアルテと言う女性に、

少しですが親近感を持ったからです。

 

貴族の娘として生まれ育ち、絵を描く事が大好きなアルテ。

父親の死後、絵で身を立てる事を決意。

家を出て、単身、たくさんの工房に弟子入りを頼むものの

「女だから」と、尽く断られ続けます。

 

ようやく小さな工房に弟子入りするのですが・・・

 

いろいろな事があります。

それでも自分の力で生活するため、大好きな絵を仕事にするために、試行錯誤していくアルテ。

 

 

こちらがOP です。 「CLOVER」 と言う曲のタイトルにも親近感を感じました。


www.youtube.com

 

こちらがEDです。 「晴れ模様」 素敵な曲です。


www.youtube.com

 

 

アルテはかなり、タフで個性的な女性です。

 

それでも、私は特に、第一話を観ていて、自分の若い頃を思い出し、

人事ではない部分を感じてしまいました。

 

歴史・文化の勉強にもなると思いました。

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

我が家も「やるこーとが や・ま・ず・み ♪」です 💦

歌ってる場合じゃな・・い ? 💦

 

毎日暑いですね。皆様、ご自愛ください🍀

 

小説『クララとお日さま』 感想画  〜 私のイメージの中のリック 〜

暑中お見舞い申し上げます。

 

今年に入り、少しずつですが、こちらの本を読み返しています。

最初は、朗読で聞き、最近、本も購入しました。

 

 

関連記事はこちらです。

obachantoarts.hatenablog.jp

 

 

確か、登場人物のルックスの描写は、ほとんど無かった様に思います。

 

主要人物は

 

AF(アーティフィシャル・フレンド)と呼ばれる、ロボット クララ

 

クララを購入した少女 ジョジー 

 

ジョジーの母親 クリシー

 

ジョジーの幼なじみで大切な存在の少年 リック

 

リックの母親 ヘレン

 

最近、自分のイメージのリックを描いてみました。

私の頭の中のリックはこんな感じです。

 

 

 

ジョジーは、まだ上手くイメージする事ができません。

髪型がうまく想像できなくて難しいです。

 

私は、この小説が映画化されたら嬉しいと思います。

映画化されたら、どんな役者さんが演じる事になるのでしょうか。

 

暑いですが、皆様ご自愛ください🍀

 

 

『時をかける少女』著者:筒井康隆 をaudibleで聴きました。  〜 突然の変化に悩む少女の気持ち 〜

こんにちは。

 

一昨日の事件のことを知り、一国民としてショックで落ち着かない中、今日は選挙に行ってきました。

それが今私のできる事かなと思いました。

 

 

今回は、こちらの小説について少し書きます。

 

先月、オーディブル の朗読で聴きました。

映画化された作品は、全て視聴したつもりなのですが、考えて見たら、原作はまだ未読だった事に、今更気付きました。

朗読で、3時間弱の長さでしたので、私は数日で聴き終える事ができました。

 

原作の初版は、1967年だったのですね。

今回、原作を朗読で聞いて、その時代観を何となく感じました。私はその頃は、まだ生まれてもいなかったのですが。

 

原作が初めて出版されてから50年以上経つという事なのですが、

 

ずいぶん変わった というか 進化した と感じる部分と

今も変わっていない のではないのかな? と感じる部分が、ある様に思います。

 

原作で、映画版(特にミレニアム以前の作品)よりも、より顕著に感じたのは

 

主人公の少女が、自分に起きた変化を、100%マイナスに捉え、悩み苦しんでいる点です。

他の人と違う様になってしまった という事を、とても恐れている・・・と、改めて感じました。

 

そして、主人公たちの学年が中学3年生だった事に、少し驚きました。

映画の方では、全て高校生だった様に思いましたので。

 

映画の83年版のラスト・シーンの意味とか

アニメ版のラストの方で、男の子が主人公に耳打ちする言葉の意味が

私は今まで、よく理解できていなかったのですが、

 

原作のラストを知って、ようやく理解できた様に思います。

 

関連記事はこちらです。

こちらのアニメ版は、先日TV放映もされていたので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

obachantoarts.hatenablog.jp

obachantoarts.hatenablog.jp

obachantoarts.hatenablog.jp

obachantoarts.hatenablog.jp

 

 

暑さが続きますが、皆様ご自愛ください。

映画『男と女』についての思い出  〜 個人的ふら歴史の思い出 〜

こんにちは!

 

暑くなってきましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

私は、昼食中に映画、ドラマなどを、少しずつ観ています。

 

昔の作品を見ると、その作品にまつわる、自分の昔の記憶も思い出されます。

 

今回は、1967年に公開された、フランス映画『男と女』にまつわる個人的思い出について、少し書きます。

 

 


www.youtube.com

 

あらすじを少し書きます。

 

それぞれに夫・妻に先立たれ、同じ寄宿学校に子供達が入っている男(ジャン)と女(アンヌ)が、ふとしたきっかけで出会い、惹かれあっていく。しかし、二人とも辛い過去の傷も抱えていて・・・

 

という感じだったと思います。

 

私がこの映画を初めて観たのは、自分が20代中盤の頃だったと思います。

 

当時の私は、親の命令で、何回かお見合いをしました。

私はとても人見知りなので、お見合いは、とても不安な事でした。

それでも、なんとか話題を作るために、私がお見合いの相手にいつも尋ねていた事があります。それは

 

「今まで観た映画の中で、一番好きな映画は何ですか?」

 

でした。

 

とにかく映画大好きな私は、映画のことだったら、初めて会う男性とも、少しは会話が成立できるのではないかと思ったのです。

 

そんな訳で、ある男性とお見合いした時、この質問をすると

 

「フランス映画の『男と女』です」

 

との回答を頂きました。

 

私はこの映画を観たことがなかったですし、あらすじも知らなかったので、その話題を楽しい会話に引っ張っていく事ができませんでした。

 

そのお見合いの後で、私はレンタル・ビデオを借りて初めて観たのですが・・・

 

早々に、丁重にお断りの連絡があったので、私はその方に、この映画が好きな理由を聞きそびれてしまいました。

 

 

因みに、アンヌの夫はスタントマン、ジャンはカーレーサーという職業です。

 

お見合い相手の方も、どちらかと言うと危険を伴う職業の方だったので、

 

ジャンの気持ちに共感されていたのかな・・・?

 

などと、今更の様にふと考える事があります。

 

 

昨年、こちらの映画を視聴しました。完結編と言える作品だと思います。

 


www.youtube.com

 

 

 

「男と女Ⅱ」のほうは、20年後に二人が再会する話だったと思います。こちらは、うろ覚えで申し訳ありませんが、たしか、単なるラブ・ストーリではなく、ミステリー的な要素も取り込んだ、結構複雑なお話だったと記憶しております。

 

 

お見合いの話に戻りますが、私は「お見合い」がとても苦しかったので、自分は子供にそういう事を強いない様にしたい・・とも思う、今日この頃です。

 

暑い日が続きますが、皆様、ご自愛ください🍀

 

映画『そして、バトンは渡された』 〜 🍫水戸さん→👗梨花さん→🎹泉ヶ原さん→🍳森宮さん、そして… 💐〜

こんにちは!

 

今日は、こちらの映画について少し書きます。

先ほど、こちらの映画を視聴しました。

 

 

一年ほど前、私は原作を、朗読で聞きました。

うまく説明できませんが、とてもミラクルなお話だと思いました。

 

うまく説明できませんが、こういうミラクルな育てられ方だって、あっても良いんじゃないかと思ってしまいました。

 

先日、映画化されていた事を知り、

これは観なければ!

と、慌てました。

 

今回、映画版を視聴し、石原さとみさん演じる梨花さんを観ていて、やっぱりこのミラクルは、梨花さんが梨花さんだったから・・かなあ?と、思いました。

 

3人の父親・・・こんな父親たちが3人もいるなんて・・

実の父親とあまり交流がなかった私は、主人公の優子ちゃんの事が、かなり羨ましくなりました。

 

瀬尾まいこ先生、素敵なお話をありがとうございます。

 

素敵な映画もありがとうございます。

 

最近、ちょっと落ち込んでいたので、この映画が観れてよかったです。

ドキュメンタリー『いわさきちひろ 〜27歳の旅立ち〜』 〜 子どもを愛し描き続けた画家 〜

こんにちは!

 

先日、こちらのドキュメンタリーを視聴しました。

 

 

私が初めて、いわさきちひろさんの絵に出会ったのは、おそらく小学校の保健室だと思います。

可愛らしい女の子の絵のポスターが貼ってあったと思います。

子ども時代、いろいろな場所で、ちひろさんの絵に出会ってきました。

 

私も絵を描く事が大好きだったので、可愛らしい絵をたくさん描いてきたちひろさんに、ずっと憧れていました。

 

23歳ごろだったと思うのですが、東京に住む友人に案内してもらい「いわさきちひろ記念館」にも行きました。

一度行ったきりですが、

とても「安心・安全・安らぎ」に満ちた場所で、私は帰るのが嫌になり、半日、閉館時間までずっと離れられなかった事を覚えています。できればここにお泊まりしたい・・と、心の中で思ってしまいました。

 

今回、こちらのドキュメンタリーを視聴して、ちひろさんの人生を初めて知り、とても驚きました。

 

裕福な家庭に生まれ、10代から絵への情熱に目覚め、美大を希望するものの、跡取り長女だったので反対され・・

親が気に入った男性と結婚させられ、夫のいる満洲に行かされ・・

 

帰国するも、大戦で空襲に遭い・・

 

27歳で画家を目指し、家出同然で一人上京し・・

 

30歳で再婚、貧しい中でも愛ある家庭を育み、たくさんの絵を描き・・

 

ベトナム戦争時代、平和を祈り、命を削る様にして絵本を造り・・

 

55歳で亡くなられたと知りました。

 

私は、本当に、今までは描かれた絵を見たことしかなかったので、とても驚きました。

 

 

我が家には、こちらの絵本があります。

 

とても悲しいお話です。関連記事はこちらです。

 

obachantoarts.hatenablog.jp

 

私も心から平和を祈ります。

 

アニメ『ダンス⭐︎ダンス⭐︎ダンスール』について  〜 🦢シーズン1 終幕💐 〜

こんにちは!

 

毎週、楽しみにしていたこちらのアニメが・・・

 

 

 


www.youtube.com

 

第11幕・・最終幕・・

 

終わってしまいましたーーーー😭

 

私にとって、大きな糧、大きなモチベーションだったのですが・・寂しい😭

 

とにかく、原作漫画も素晴らしいのですが、アニメもすばらしいです✨

 

登場人物、全てが愛おしくなってしまうストーリーです✨

 

シーズン1のストーリーでは、その人物の真の内面が分からないキャラもいます。

アニメの続きが気になって仕方ない皆様には

 

ぜひ 原作漫画を

 

読んで頂けると嬉しいです!お勧めです✨

 

 

obachantoarts.hatenablog.jp

obachantoarts.hatenablog.jp

obachantoarts.hatenablog.jp

obachantoarts.hatenablog.jp

obachantoarts.hatenablog.jp

 

皆様、ご自愛ください🍀