楽しみを希うオバちゃん

家族泣かせ・多趣味人間のブログです。主に書評・映画・音楽等の芸術についての、感想等を書かせて頂きます。時々、フィギュアスケート等のイラストもアップします。

「宇宙兄弟」31巻読みました✨ 〜面白かったです バヤイです❤️〜

皆様いかがお過ごしでしょうか?

寒がりの私も、流石に「夏だね💧」と、体が感じるようになり、エアコンの必要を感じたので、プロの方に頼んで、エアコンのお掃除をしてもらいました。

(自力では、とてもできないので、すごく助かりました💦)

 

先日、「宇宙兄弟」の31巻を購読しました。

この巻も、とても面白かったです。マジ、バヤイです!!

 

今回は前半3分の2が「(ロシアの)日々人・ストーリー」で、

後半3分の1くらいが、「(月面の)六太・ストーリー」です。

 

相変わらず、ロシアの「宇宙飛行士(コスモノート)」たちも、

月面の「宇宙飛行士(アストロノート)」たちも、

個性的で魅力的で素敵なキャラクターばかりです。

 

この巻では、

明るくて優しくて、お茶目で、絶対に滑るロシアン・ジョーク(?)を、明るく言ってのける「フランツくん」と、ちょっとミステリアスで、実は「おばあちゃんが日本人」だという、「ユルくん」も、超好きになりました。

 

あと、久しぶりに、オリガちゃんが登場して嬉しかったです。

オリガちゃんは、日本人のせりかちゃんと同じくらい、大好きです。

久しぶりにオリガちゃんの「バヤイ」が読めて、嬉しかったです。

 

オリガちゃんが日々人にプレゼントしたものの意味を知って、私もあやかろうとして、安いものを購入してしまいました。

昨日から身につけています。そのおかげか、気持ちがいいです。

 

 

 

浅田真央イラスト「月の光」 〜「月がとっても…」って、ドビュッシーですってば💧〜

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

私は、二日かけて、「月の光」の色塗りを、してみました。

今回は、色鉛筆で塗ってみました。

 

f:id:syutaitekizinsei:20170629093617j:plain

 

最初のうちの、心のBGMは、フランスの作曲家、ドビュッシー作曲の「月の光」だったのに…

最後のほうでは、いつの間にか、歌手、菅原都々子さんの昭和の懐メロ「月がとっても青いから」に替わっていました💧

 


月がとっても青いから 菅原都々子

 

たぶん、私の頭の中の「バカボンのパパ」が、途中で、曲を替えちゃったのかな〜

なんて・・・いつもながら、古い話題で失礼いたします。m(_ _)m

 

グラデーションて、本当に難しいですね。

思うように仕上がらないので、ついまた、ふざけたくなってしまいました。

とはいえ、「月がとっても青いから」も、すんごい名曲だと思います。

 

真央ちゃんも、この歌のように、大好きな彼氏または旦那様と、美しい月夜の道を、

のんびり平和に、お散歩する事があるといいな、と、なんちゃって親戚のおばちゃんは、心から願っています。

 

脱線してしまいましたが、

私の大好きなプログラムの一つ

最高に美しい演技

浅田真央ショート・プログラム「月の光」

アップさせて頂きます。m(_ _)m

 


Mao Asada 2008 NHK trophy SP - clair de lune

 


2009 World Team Trophy Mao Asada SP Clair De Lune

 

お衣装も、振り付けも、名曲「月の光」にピッタンコで、美しいプログラムで、

真央ちゃん、ローリー・ニコルさん、本当にありがとうございます。

 

※追記

私は、結局、一度も試合での真央ちゃんの生演技を見る機会を作りませんでした。

時間と体力とお金がなかったのもありますが、試合を見る勇気がなかったからというのが、一番の理由かと・・・

でも、この2009年の国別対抗戦での、真央ちゃんのこの演技だけは、

「生で観たかったな〜」

と、いつも思います。生観戦できた皆様のことも羨ましいですが、広告の「豆しば」さえ、羨ましくて、「そのポジションで、観たい!」と、未だに思ってしまいます💧

 

 

浅田真央ちゃんの「月の光」のイラストを描いてみました。 〜物語でも、人間でもないものを表現できるお嬢さん〜

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

私は、多分、初夏バテぎみです。

 

とはいえ、何とか真央イラストを描いてみました。

まだ下描きですが、「月の光」です。

真央ちゃんの使用した音楽のほとんどは、

私は、真央ちゃんのプログラムを見る事でその曲の存在を知ったものがほとんどなのですが、「月の光」は、もともと大好きだったのが、真央ちゃんの演技を見る事で、ますます大好きになった曲です。

 

淡く優しく、美しい月の光を、見事に表現する彼女の演技に、深く感動しました。

 

f:id:syutaitekizinsei:20170627141730j:plain

こんどこそ、紫が綺麗に塗れると嬉しいです。

みなさま、梅雨で、だいぶ暑くもなってきましたが、ご自愛くださいませ🍀

ボード・ゲーム「モノポリー」について 〜久しぶりに「替え歌」作ってしまいました💧〜

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

突然ですが、息子は、「ボード・ゲーム」好きです。

特に長年、飽きもせずやっている(家族も付き合わされている)ゲームは、株式会社タカラトミーさんの「人生ゲーム」シリーズで、現在、家に5種類の「人生ゲーム」があります。

様々なバージョンがあり、とても面白いゲームなのですが…

ここ最近、さすがに(息子を除く)家族は、やり過ぎで… 2次元の人生にも、疲れ切ってしまいました。

 

母の心の叫び

「結局、世の中、金ですかい!!!!」

「リアル人生だけで、勘弁してくれ!!!!」

 

 と言う訳で、「人生ゲーム」以外の、息子が好きそうなボード・ゲームを探したところ、「モノポリー」という(少し前から気になってはいた)ゲームに、手を出すことになりました。因みに、日本語版の発売元は、やはり「株式会社タカラトミー」さんです。

漠然と、外国盤、人生ゲーム…みたいな?と予測して、購入したのですが…

 

モノポリー独占の意味)は、アメリカで開発されたゲームで、正方形の盤の端に正方形に並んだマス目を、二つのサイコロをふって進みながら、土地や会社の権利書を購入したり、独占した土地に家やホテルを建てて行き、お互いのマス目に止まった他のプレイヤーからレンタル料をぶんどったり、ぶんどられたりしながら、勝負します。

簡単に言うと、財産を独占して勝つか、何もかも失って負けるか・・・という、

(二人だけだと特に)

非常に えげつな・・・ いえ、シビアな、ゲームです。

ある意味、「日本版 人生ゲーム」よりも…です。

 

モノポリーNEW

モノポリーNEW

  

 

成功して土地やお金を増やすには、プレイヤーの知恵や粘りだけではなく、サイコロ運やカード運など、運に左右される部分も多いはずなのに…

毎日のようにやっていて、息子に負け続ける私って…やはり、運を引き寄せる力が乏しいのでしょうか?

リアル人生での日々のストレスを、ハッサン(発散)したいところなのに、

モノポリー・ゲームで、は…さん(破産)の毎日です。

 

そういう訳で、このゲーム時の私の心のBGMは、ここのところずっと、なんとなく、

さだまさしさんの「防人の詩」です。

そういう訳(?)で、この2次元の破産の悲しみを、この歌の替え歌にしてみました。

このような真面目で悲しい歌で、ふざけた「替え歌」を作るのは、不謹慎かとも思いましたが、この作業で、私個人は、だいぶ気持ちが落ち着きまた。m(_ _)m

 

「防人(さきもり)の詩」の替え歌で

 

「息子守りの詩」 (モノポリーの憂鬱)

失礼いたします。m(_ _)m


おしえて ください
このゲームに ありし あらゆるものの
すべての カード(権利書)に 限りが あるのーならばあーーー

茶色はー買いですか 水色は買いですか
ピンクはどーうですか オレンジもそーおですか
おしえて〜〜〜 くださあい〜

 

私は 時折 苦しみに ついてえ かんが〜えます
誰もが 一度は ハマる 苦しみ(マス目)に〜 ついてえ〜

所得税の苦しみと 物品税の悲しみと
投獄の苦しみと 罰金の悲しみと
現在(いま)のー 自分(の所持金)とおー

 

こたえて ください
このゲームの ありと あらゆるーものの
すべての カード(権利書)に 約束(ルール)が あるのーならあー

土地はー売りますか 家はー売りますか 
電力は売りますか 水道もー売りますか
みんなー 売るのですかあーーーー

 

わずかな 所持金の きらめき(可能性)を信じて いいですか
賽の目で きまっちゃう チャンスと いったものを〜

来る金があー あれば 去る金もーああって
満ちていた権利書も やがてー 欠けてゆく
なりわい(?)のー 中でえ

おしえて ください
このゲームに ありしい あらゆるーものの
すべての カード(権利書)に 限りが あるのならばー

赤は売りますか 黄色は売りますか
緑は売りますか 青は売りますか
(親子)愛はー死にますか (夫婦)愛はー死にますか
(家族)愛はー死にますか 心はー 死にますか
私のなーけなしの 所持金もー みんな
みぐるみいーーーーーー  

はぐのですかあ ーーー (熱唱)

 


H264_愛は死にますか.MP4

 

勢いで、でもう一曲いってみます。

 

山口百恵さんの「プレイバックPart2」の替え歌で

「プレイバック・モノポリー」(サビのみ)

 

バカにしないでよ! …イカサマじゃ・ないの?」

ちょっと まって プレイバック! プレイバック!

今のサイコロ… プレイバック! プレイバック!

 

ホテルに しやがれ!! あるんでしょ!!!」

ちょっと まって プレイバック! プレイバック!

さっきのマスまで プレイバック! プレイバック!  

 

ぼうや! 一体 何を 意気がっているの!

 

あたーし(熟女)だって あたーし(熟女)だって 

 

疲れるワ!!!!

 

因みに、こちらが、「プレイバックPart2」 です。m(_ _)m


プレイバックPart2(1978年5月1日)/山口百惠

 

すっかり心やさぐれた母より一言、言いたい。

息子よ、

2次元の人生で、運を使い果たすんじゃないよ!!! ふんっ (←負け惜しみ)

 

余談ですが、

数ある日本版「人生ゲーム」の中で、我が家の一番お気に入りのゲームは、

「人生ゲーム・ドリーム・チェンジ」です。

 

人生ゲーム ドリームチェンジ

人生ゲーム ドリームチェンジ

 

 

 

さだまさしさんの歌について 〜心打たれる名曲の数々〜

皆様、いかがお過ごしでしょうか?私は今も、元気だったり、落ち込んだり…

気持ち上がったり、下がったりの毎日です。梅雨入りのせいか、はたまた、更年期のせいでしょうかね…💧

 

前回、「坂の上の雲」のことを書いてから、次回は、この事について書かせて頂こうと思っていました。

さだまさしさんの多々ある名曲についてです。

 

少女の頃、私がさださんの歌を初めて知ったのは、「ザ・ベスト・テン」で聴いた、天までとどけだったと思います。

子供ながらに、その歌詞と歌声の説得力と暖かさに、心打たれました。

それ以前にも、それ以降にも、数々の名曲を世に出し続けている、さだまさしさんです。

そして、とてつもなく多才で、とてもお優しく、楽しいお人柄のお方だと思います。

 

そして、私にとって、忘れられない、さだまさしさんの思い出は、私の地元の

割と大きな公園内にある野外舞台で、コンサートをしてくださった事です。

確か、チャリティーか、もしかすると、無料コンサート(?)だった様な気がします。少なくとも、幼い私は、お金を払わずに参加させて頂きました。

その時も、数々の名曲を、生で聞かせて頂いて、すごく感動したのですが、私が一番印象的だったのは、歌の素晴らしさもさる事ながら、さださんの「トーク」のもんの凄い面白さです。中でも、よく覚えているのは、さださんが、トークの中で、自分の事を

さだは・・・」

と、話していた事です。私は、少女ながら、さださんのその話し方というか、自分を語る上での姿勢(?)が、漠然とながら大好きでした。

その影響か、自分も、ブログで自分の事を「がまは…」「…がまです」と、表現したくなってしまいます。

 話を戻しますが、その(コンサートの)日も、私は、さださんの「歌」で泣き、「トーク」で、ゲラゲラ笑い…やはり、心の中が、ジェットコースターのような数時間を過ごしました。

元々、出不精の私は、さださんのコンサートは、その時しか行った事がないのですが、また、機会があったら、是非、行ってみたいなあと思っています。

 

私が個人的にとても好きな曲は、

天までとどけ

秋桜

「案山子」

防人の詩

「不良少女白書」

「しあわせについて」

です。

 


天までとどけ さだまさし

 


案山子 さだまさし

 


H264_愛は死にますか.MP4

 

 


不良少女白書:さだまさし

 


しあわせについて/ひめゆりの塔主題歌 # さだまさし(CD音源)

 

防人の詩」は、映画「二百三高地」の主題歌です。

映画の方は、観ていないのですが、「坂の上の雲」で、その激戦のドラマを、映像で観て、とても苦しく切なかったので、多分、今後もみないと思います。

この曲がヒットしていた頃は、子供だったので、漠然と、「戦争映画の主題歌」

という事しか、わからなかったのですが、それでも、その曲と歌詞をテレビ越しに聴くたびに、幼いながらも、心を打たれました。

とても悲しい曲ですが、私にとって、とても印象深い曲です。

 

「不良少女白書」の、「人には黒く見えるカラスが、自分には白く見えてしまう」という歌詞が、未だに、他人事じゃないというか、深く共感してしまいます。

 

「しあわせについて」は、昔、歌番組で聴いただけで、「ひめゆりの塔」の主題歌だった事を、今更ながらに知りました。

 

 他にも好きな曲はたくさんあるのですが、キリがなくなってしまいそうなので、ここまでにしておこうと思います。

 

私は、今までの人生の中で、さださんの曲に触れたおかげで、泣くべき時に泣き、笑うべき時に笑ったおかげで、心身を救われた時が、多々あったと思います。

ずいぶん時間がかかってしまいましたが、一言書かせて頂きます。

 

さだまさしさん、いつも大変お世話になっております。本当にありがとうございます。」

  

ドラマ「坂の上の雲」について  〜傑作ドラマ・そして名曲「stand alone」〜

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私は、ここ数ヶ月、いろいろあって、落ち着かない日々を過ごしていました。

 

今日は、NHKスペシャル大河ドラマ 「坂の上の雲」について、少し書きたいと思います。

 

この大河ドラマは、2009年〜2011年までに、第1部、第2部、第3部と分けて放送された、大作です。

 

原作 司馬遼太郎 「坂の上の雲

脚本 野沢尚/柴田岳志/佐藤幹夫/加藤拓

音楽 久石譲

主な出演者 

秋山真之  本木雅弘

秋山好古  阿部寛

正岡子規  香川照之

政岡律   菅野美穂

 

 明治時代、日本激動の時代に、伊予の国(現在の愛媛県)は松山に生まれ育った、3人の男たち。貧乏で子沢山の秋山家に生まれた、兄・好古と、末っ子の真之、そして、真之の幼馴染で親友である、正岡子規

 

貧しいながらも、向学心、好奇心、冒険心旺盛な秋山兄弟は、先に上京し、陸軍に入っていた好古を頼って、真之も上京、海軍軍人となる。

一方、同じく上京した正岡子規は、帝国大学に進み、やがて優れた俳人となるも、結核・そして脊椎カリエスを患い、想像を絶する闘病生活の中で、創作活動に打ち込む。

正岡子規の妹、律は、幼少より、幼馴染の真之に対し、淡い恋心を抱いていたが、

自分の女としての幸福よりも、己の才覚と努力で立派に出世していく真之を、陰ながら応援し、闘病中の兄を、献身的に看病する事となる。

 

やがて日清戦争が開戦し、秋山兄弟は、それぞれの立場で、実戦を経験する事となる。その後日英同盟が結ばれる。陸・海軍にて、活躍の場を広げていく秋山兄弟。二人とは対照的に、正岡子規は、闘病生活の中で、小さな庭や、家族、友人達の献身に力を得て、自分の想像力の翼を広げ、創作に励み続けるも、壮絶な死を迎える。

 

そしていよいよ日本は、ロシアとの「日露戦争」へと、突き進んでいく事となる。 

 

私は、このドラマのリアル放映時は、雑事に追われ、テレビを見ている余裕がなくて、歴史好きの夫が見ているのを、横で部分的に聞き流していただけだったので、ドラマの内容を、十分理解する事はできなかったのですが、ただ一つだけ、

その素晴らしさに、リアルタイムで、心打たれてしまったのは、

ドラマのテーマ曲である

「Stand Alone」(作詞/小山薫堂 作曲/久石譲)

でした。

 

第1部では、サラ・ブライトマンさんが、歌詞なし、声のみで歌っていらっしゃいます。

第2部では、ソプラノ歌手の森麻季さんが、第3部では、久石譲氏の娘さんの麻衣さんが、(こちらは、歌詞の2段目は歌われていません)日本語の歌詞で歌っていらっしゃいます。

 

私は、3人の歌手の方々の、3バージョンが、それぞれ、とても大好きです。

 

先にCDを買い、ドラマの方は、2年程前に、DVDをレンタルして、最初から最後まで見る事ができました。

 

あまり歴史に詳しくない私は、このドラマを観て、初めて「203高地」の意味を知りました。

 

そして、確か、一部の最後の方だったと思うのですが、自分を頼って上京してきて、同じ下宿に住むようになった弟真之に対して、兄好古が言った言葉が、とても印象的でした。

状況も、セリフも、うろ覚えなのですが、確か、

 

「何事も、できるだけ、単純明快に考える事」

 

という感じの、教えだったように記憶しています。

違っていたら、申し訳ありません。

 


坂の上の雲 第一部 Ending

 

 


坂の上の雲 第三部 Ending

 


【HQ】坂の上の雲 オープニング 第3部ver.

 

 

 

久しぶりの浅田真央イラスト・下書き編  〜ポル・ウナ・カベーサ…ダベサ♪m(_ _)m〜

皆様、6月に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

今日は、久しぶりの真央画の下書きをアップ致します。

色塗りは、まだ、怖くてできません。

今度こそは、丁寧に、じっくり、時間をかけて仕上げていきたいと思っています。

 

f:id:syutaitekizinsei:20170602081050j:plain

プリンターが小さいので、足が途中までになってしまいました。

大きなプリンターが、欲しいです💦