芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

映画「ネバーランド」について  〜血の絆を超えた、劇作家と大家族との愛ある交流〜

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私は今日は、映画「ネバーランド」について、書きたいと思います。

 

2004年 アメリカ・イギリス映画

      「ネバーランド」 原題「FINDING NEVERRAND」

監督    マーク・フォスター

製作    リチャード・N・グラッドスタイン/ネリー・ベルフラワー

脚本    デイヴィッド・マギー

 

キャスト

ジェームズ・バリ  ジョニー・デップ

シルヴィア     ケイト・ウィンスレット

メアリー      ラダ・ミッチェル

チャールズ     ダスティ・ホフマン

ピーター      フレディ・ハイモア

ピーター・パン   ケリー・マクドナルド

 

劇作家のバリは、スランプが続いいていて、新作劇も失敗作に終わったばかり。

妻メアリーとの仲も冷めており、バリは、日課のケンジントン公園への散歩で、心身の充電をし、次なる創作へ取り組もうと試みていた。

そんなある日、バリは公園で、未亡人のシルヴィア・ディヴィスと、その4人の息子たちと出会う。

長男ジョージと次男ジャックは、頼もしい少年だが、末っ子のマイケルはまだ幼い幼児で、感受性の強い3男のピーターは、父親の死をきっかけに、何事も楽しもうとせず、心を閉ざしていた。

バリとデイヴィス一家は、不思議な導きによって交流を深めていく事で、それぞれの心の傷が癒えていく事を実感する。しかし、彼らの特殊な関係を理解できない人々もおり、彼らは、世間の心無い噂にも心を悩ます。

そんな中、母シルヴィアの病が発覚する。

バリは、デイヴィス一家を気遣い、進んで援助する一方、少年たちとの遊びや、一家との交流からヒントを得た、新しい劇の執筆を進め、やがて、「ピーター・パン」の初演の日を迎える・・・。

 


Finding Neverland 予告 日本語

 

私は、2000年くらいを境に、映画館に行く回数がガタッと減ったのですが、この映画は、映画館で観ることができて、本当に良かった思っています。

あの「永遠の名作」「ピーター・パン」が、どのようにして生み出されたのか、実際にあった出来事が、とても分かりやすく表現されています。

 

 

ネバーランド [Blu-ray]

ネバーランド [Blu-ray]

 

  

実話としては、バリがデイヴィス一家と知り合ったのは、シルヴィアの夫が、まだ生きている時で、息子は全部で5人ですし、その後夫人が亡くなるまでの年数は、長かったものと推測されます。(はっきりしなくて、申し訳ありません)

でも、それを一本の映画として表現するには、難しい所があったのではないかと、私は思います。

実話としての彼らの交流を知る事ができる、素晴らしい写真集がありますので、そちらも紹介させてください。

  

ピーター・パン写真集―ネバーランドの少年たち

ピーター・パン写真集―ネバーランドの少年たち

 

 

私は若い頃、この写真集を、図書館で借りて読みました。

とても素晴らしい写真集でしたので、購入したいなと思っています。 

 

ミュージカルの事も、この物語が、舞台上で、どんな風に表現されているのか、特に、劇中劇のシーンとか、どうなっているのかなーと、すごく興味があります。

いつか、観に行きたいです🎵