楽しみを希うオバちゃん

家族泣かせ・多趣味人間のブログです。主に書評・映画・音楽等の芸術についての、感想等を書かせて頂きます。時々、フィギュアスケート等のイラストもアップします。

五嶋みどりさんの思い出 〜憧れの女性〜

今日は、敬愛する音楽家の一人、「五嶋みどりさん」について書きたいと思います。

私は、数年前にみどりさんの事を知り、一度だけ、コンサートで、生の演奏を拝聴した事があります。

みどりさんは、みどりを基調にした、細かな花模様の、シックで素敵なドレスで舞台上に現れました。みどりさんだけに緑のドレスがとてもお似合いでした。

私はど素人ですが、なんとなく透明感のある、美しく、凛とした力強さと癒しのある音色だなと、思いました。

公演終了後のサイン会での印象は、とても自然体で、やはりシックな装いで、飾らず、穏やかに、謙虚に、とても親切に対応してくださいました。気張って着慣れない一張羅を着て行った自分の事が、ちょっと恥ずかしくなりました。サインの後、みどりさんの方から、すっと手を出してくださり、握手もさせて頂きました。みどりさん、本当にありがとうございました♪✨

やはり、音色にも人柄がでるのかな〜と、素人なりに思いました。

私は、真央ちゃんだけでなく、五嶋みどりさんにも、「山田太郎魂」のようなものを、感じてしまいました。

 


五島みどり チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲第1楽章

 

ノーマン・ロックウェルさん 〜一枚の絵の中に込められたドラマの数々〜

みなさん、今日は、いきなり動画ですみません。

 

Norman Rockwell

 

今日は、私が一番尊敬している画家さんについて、紹介します。

アメリカの画家・イラストレーターの、ノーマン・ロックウェルさんです。

私は、若い頃、彼のイラストを、テレビで紹介されているのを見て、知りました。

とても緻密で、暖かで、解りやすく、日本人の私が、

「アメリカって、こういう国なんだなあ」と感じられる絵が、たくさんあります。

時にユーモラス・アットホーム・センチメンタル・シリアスな作品がたくさんあり、

本当に傑作揃いだと思います。

子供たちの絵が、とても可愛らしいです。

 

ノーマン・ロックウェル画集 (MOE BOOKS)

ノーマン・ロックウェル画集 (MOE BOOKS)

 

 

個人的に、私が一番好きなイラストは、

確か「ランナウェイ」というタイトルだったと思います。

 「らあんなうぇい〜 とーてもすーきさー ♪」

って、それは「シャネルズ」の歌でしょ!って…

失礼オバ致しましたm(_ _)m

マロー作「家なき子」について 〜永遠の傑作だと思います〜 

今日は、ずっと書きたいと思っていた児童文学について書きます。

家なき子:エクトール・マロー=作/二宮フサ=訳 偕成社文庫」です。

 

私はこの本を、最初、結婚前に図書館で借りて読みました。

そして、結婚・出産してから、改めて購読しました。

そして、改めて感じた感想は、

このお話は、「物語」としても大変面白い「児童文学」なのですが、子供を育てるようになってから読んだ後では、

「この本は、『児童書』のコーナーだけじゃなくて、実用書の『育児書』コーナーにも置いてもいいんじゃないか?という事です。

 

物語の主人公は、「レミ少年」です。舞台は、(主に)フランスです。

彼は8歳まで、乳児で捨て子だった彼を拾った「バルブラン」の妻である、「バルブラン夫人」によって、貧しい農村で育てられます。が、その後レミ少年は、怪我のため失業したバルブランにより、夫人の留守中に、旅芸人の「ビタリス老人」に売られてしまいます。

親代わりであり、師匠であるビタリスにより、厳しい旅の中で、レミは、音楽とお芝居の修行、学問、旅の術、生きる術を吸収していきます。

ある日、理不尽な事件によって、ビタリスは刑務所に入れられます。仲間の動物たちとともに、健気に「ビタリス一座」を続けていたレミの努力と芸の素晴らしさに感動し、一座に仕事と衣食住を与えてくれたのは、イギリスの貴族である、「ミリガン夫人」と、その息子の「アーサー」でした。

ミリガン夫人は、女性らしい愛情と、芸術への敬意をもって、レミたちを保護してくれました。アーサーは、レミにとって、初めての「友達と呼べる存在」だったかもしれません。

その後、刑務所の勤めを終えたビタリスと再会したレミと一座は、ミリガン母子とお別れをし、冬に備え、パリへと向かいます。容赦なく襲ってくる寒さと飢えの中で、一座は、大事な動物の仲間たちを次々に失っていき、ようやくパリに着いた時には、動物は、賢く優しい犬の「カピ」だけになっていました。

お金も底をつき、非常な危機感を自覚していたビタリスは、パリに着くと、レミを知り合いの「ガロフォリ親方」の所に一時預け、その間に、自分一人で働いて、春までに一座を立て直おそうと考えます。

「ガロフォリ親方」の部屋に行き、不在だったガロフォリを、一人で待つように、ビタリスに言われたレミは、そこで、留守番をしていた「マチア少年」と出会います。

しかし、「ガロフォリ」の、幼い弟子達の扱い方の残酷さを知ったレミとビタリスは、彼と彼の弟子たちの部屋を去り、吹雪の中を、少しでも寒さをしのげる寝床を求めて歩き出します。

 

その後も、様々な困難の中、レミは、様々な人々と巡り会い、愛情と信頼の絆を育み、頼もしく成長していきます。

「花作りのアキャン一家

「マチアとの再会」

様々な出会いと別れ、再会があり、レミの旅は続きます。

「フランス」「イギリス」そして「スイス」と旅を続け、レミはとうとう、

産みの母であり、実の弟であった、ミリガン夫人とアーサーの元へ、たどり着くのです。

レミは、最終的に、血の繋がる家族の元へたどり着くのですが…

彼は農村の育ての母によって幼少期に、健全な愛情を注がれて育ちました。

その後は、ビタリスという、素晴らしい師匠であり、育ての父とも言える男性に育てられ、その後も、(血の繋がりを知らない状況で)ミリガン母子、アキャン一家、マチア少年らと、深い愛情の絆を深めていくのです。

 

私は、この物語を知ることで、

「家族とは、血の繋がりだけで、健全に成り立つわけではない事」

「血の繋がりはなくとも、愛情と信頼の関係、絆と言うものは、育む事も可能なのではないか」と考えるようになったと思います。

 

あと最後に、書きたい事があります。私はずっと疑問に思っていた事があります。

この物語はフィクションですが、

いろいろな事情があったにせよ、ビタリス師匠が「晩年の生き方」を、過酷な「旅芸人」として生きる事にした(というか、作者のマローさんがそのようにお書きになった)のは、なぜなのかという事です。

これは私の勝手な解釈ですが、「名歌手、カルロ・バルザー二」から「ビタリス」になった彼は、音楽やお芝居の楽しさを、より多くの、農村や庶民の人たちにも、伝えたかったからなのではないかと思うのです。

 

家なき子〈上〉 (偕成社文庫)

家なき子〈上〉 (偕成社文庫)

 
家なき子〈下〉 (偕成社文庫)

家なき子〈下〉 (偕成社文庫)

 
家なき子〈中〉 (偕成社文庫)

家なき子〈中〉 (偕成社文庫)

 

 

 

 

 

 

目指せ!ARU ARU 60 ♪ 〜シブがき隊の替え歌いってみます〜

皆さま、こんにちは、最近、自分でも何がやりたいんだか、頭の中が、混乱してきてしまいました。本当に、雑記ブログで申し訳ありませんm(_ _)m。

ちょっと、落ち着くためにも、頭の中を整理するためにも(?)、

またしても、昭和の懐メロの替え歌を作ってみたいと思います。

「NAI ・NAI 16」(シブがき隊)の替え歌、いってみます。

 


NAI・NAI 16 シブがき隊

 

「(目指せ!)ARU・ARU 60」(なんちゃって・オバ・バカ隊)

 

ナイナイナイ! 勤勉じゃない!

ナイナイナイ! 気力ない!

ナイナイナイ! でーも 若さあった〜(かこけー)

ナイナイナイ! お金ない!

ナイナイナイ! 学歴ない!

ナイナイナイ! そーこがあぶなっい〜!

 

笑っちゃうよ 通信簿 いつもかーかーれーてた〜♪

消極てーき 協調性なーい もっとがーんばーりなさいー♪

授業中に 手を上げて 発表しーなーけりゃー♪

罰として〜 か・ん・じ・ドーリル〜♪

 

ジタバッタ し・て・もね♪

世紀末は・すーぎた(とっく)

いやなーら い・ま・すぐ♪

きーめーてー じっこー !

 

アルアルアル 情熱ある!(たぶん)

アルアルアル プランある!(たぶん)

イロイロアル けーど 若さ・なっい〜♪

 


シブがき隊 NAI・NAI 16

 

1日1日を、できるだけ楽しく過ごしたいです。

そして、気がついたら、いつの間にやら

心身健康で、還暦過ぎちゃってた!…みたいな、事になっていたら、嬉しいです。 

 

 

 

 

 

 

 

どんな時も♪どんな時も♪ 〜余談ですが、花も団子も好きな私〜

今週のお題「卒業」いってみます。

学校の卒業については、私は、これといった思い出話がありません。

ただ、最近、「もういい加減、卒業しても、いいんじゃないかな?」と、思っていることがあります。それは、

「エンターテイメント・芸術・文学を愛さずにはいられない自分に対する、罪悪感」

からの卒業です。

幼い頃から、私はテレビっ子でした。もしかすると、テレビを見ることにさいていた時間を、勉強なり、他のことに捧げていたら、もう少しマシな大人になっていたのかなあ…と、思うこともあります。ですが、そう思う反面、当時観ていた番組のことを思うと、学校や家庭でどんなに嫌なことがあっても、「欽ちゃん」や「ドリフ」や「ひょうきん族」などを見て、心の底から大笑いできたから、なんとか、日々の苦痛をリセットして、明日に臨めていたようにも、感じます。

それから「アニメ」も大好きでした。女子のくせに、「ヒーロー」ものも、結構好きでした。

小学校に上がった頃から、少女漫画も読み始め、どっぷりハマりました。好きな漫画の絵を真似して描く事から、私の「お絵描き熱」は始まりました。

その後「文学」、「映画」に目覚め、大人になってから「ミュージカル」「バレエ」「フィギュアスケート」を見るようになりました。

家族からもよく呆れられました。私が若い時代には、今以上に、

「芸術とは、娯楽であり、お金と時間と、確かな素質の持ち主にのみ許されるもの」

という価値観が、強かったように、私は感じます。

田舎の、決して裕福ではない家に生まれ育った私は、なんとなく「また、そんなものにうつつをぬかして!」といわれやしないかと、ビクビクしながら過ごしてきたように思います。

槇原敬之さんの「どんな時も」の歌詞のように、

「すーきーなものは すーきーとー 言える気持ち〜 抱きしめてたい♪」

って、思います。この曲が流行っていた時は、あまり感じなかったのですが、

「確かに、好きなものを好きというのに、勇気がいる時もあるなあ」

と、改めて感じる、今日この頃です。

アニメ「アタックナンバー1」の、オープニングの、梢ちゃんではないですが、

「だって、女の子…じゃなくて…だって、好きなんだもん」

と、言ってみたくなる、オバさんでありました。

 

 ※追記 私は「芸術」「学問」「スポーツ」が、万人のものである事を願っています。

 


槇原敬之- Encore Sing Out Gleefully Medley2 2010 日本武道館

 

映画「おっぱいバレー」 〜この素晴らしき、ピュア・エロ男子中学生達〜

皆様こんにちは。

オペラ界の「可憐な大和撫子」についての記事の次に、この話題持ってくる自分て…

やはり、「突飛」とか「変」とか、言われても仕方がないのかなと思うのですが…

(因みに、家族からも、会話の話題がコロコロ変わる事、黙っていたと思ったら、いきなり「⚪️⚪️ってすごいよね!」とか、話題を振られる事に「ついてけねー」と、日々言われています💧)

画面にに向かった瞬間、「これ書きたい」と思ったので、行ってみます。

邦画「おっぱいバレー」について書こうと思います。

この映画は、2009年公開された映画ですが、私は、その数年後に、DVDで鑑賞しました。

映画の冒頭からの数分間…「この子達は、いったい何をしているんだろう?」

と、不思議に思いつつ観ていて、更に数秒後、彼らの行動理由がわかった瞬間、

オバさんは、正直「コケッ」と、なってしまいました。そして思いました。

「やはり、男子中学生の頭ん中って…こういうもんなの?」

彼らは、中学のバレー部員なのですが、全然やる気が無く、他生徒達からもあきれられている存在。そんな中、綾瀬はるかさん演じる、転任してきたばかりの、若く美しい女性教師が、彼らの顧問になる事に…

転任前の学校で、ある事件によって生徒の信頼を失い、教師としての自信を失いかけていた彼女。新しい学校で、再び教師として、がんばろう、生徒達と真摯に向き合おうと思っていた彼女は、部員達を鼓舞するためにこう言うのです。

「本気で頑張るなら、先生、何でもするから」

しばし、5人でこそこそ相談したのち、彼らのリーダーは、こう言いました。

「試合に一勝したら、先生のおっぱいを見せてください!」

先生

「え…」

困惑するも、今度こそ生徒達の信頼を失いたくなかった彼女は、はっきりしない態度しかできなかったため、生徒達は、すっかりその気になり、

「先生のおっぱいみるぞー!おー!的な展開に…

(余談ですが、その時、私の昔の一同級生男子の無邪気な笑顔が脳裏を過ぎったのは、言うまでもありません。)

 

それまでとうって変わって、練習に励む部員達。

その姿に感心しながら、遠慮がちに、

「もう、おっぱいの約束なしでもがんばれるよね?」(セリフうろ覚えです)

と訊ねた先生に、やはり、無邪気に、明るく

「いえ、全然✨(あっけらかん)」

と答える少年達。

 

確かに、彼らは、エロいけど、バカだけど…なんか可愛い、憎めません!

そしてオバさんも思いました。

そうだよねえ…私も、もしも自分が男に生まれ、中学のバレー部に入り、

彼らと同じ立場になったとしたら…同じようにモチベーション急上昇したのかも…?

だって、やっぱり、綾瀬はるかさんは、美しく魅力的な女性ですものね♡

 

予告編の動画をアップしたかったのですが、残念ながら見つけられませんでした。

ので、主題曲の動画をアップ致します。

 


Caocao / 個人授業


モチベーションが何であれ、彼らは、しっかり青春してます✨

まったくもって、

「ナイス・おっぱい!」ですね!



 

 

三浦環さんについて 〜元祖じゃぱにーず・蝶々さんだと思います〜

今日は、日本人オペラ歌手の、三浦環さんについて、書かせて頂きます。

三浦環さんは、1884年(明治17年)〜1946年、東京都出身。

日本で初めて国際的に活躍したオペラ歌手です。

 

私は、個人的に、明治、大正、昭和初期あたりに活躍された音楽家の方々に興味があったので、三浦環さんについても、少し調べました。

私が読んだのは、

⑴「三浦環 お蝶夫人 日本図書センター 人間の記録27」

⑵「永遠の蝶々夫人 三浦環 高橋巌夫:著 春秋社」

⑶「お蝶夫人 瀬戸内晴美:著 講談社」 

の、3冊です。

 

⑴の底本は、吉本明光編「お蝶夫人 三浦環自伝」によるものだそうで、三浦環さん自身の言葉で、ご自身の体験が語られている感じの本です。

⑵は、1940〜1963年まで、音楽プロデューサーとしてご活躍されていた、高橋巌夫さんが、ご自身が実際にお会いし、仕事もされた三浦環さんについて、憧れ、親しみ、敬意を込めて書かれた本だと思います。

(個人的に、本のカバー最後の、著者紹介のフィギュア・スキーをされている高橋氏のお写真は、すごいと思います!)

⑶は、現在の瀬戸内寂聴さんが、1969年に出版された本です。私は、寂聴さんの著書を、この一冊しか読んでいないので、余計かもしれませんが、個人的に、三浦環さんの人生を、スキャンダラスに書かれ過ぎているような印象があり、ちょっとショックを受けました。

 

まず、三浦さんご本人の「ある晴れた日に」を紹介したいと思います。

 


プッチーニ 《蝶々夫人》 「ある晴れた日に」三浦環

 

次に私が読んだ関連本を、ご紹介します。

高橋氏の著書は、残念ながら見つかりませんでした。

 

三浦環―お蝶夫人 (人間の記録 (27))

三浦環―お蝶夫人 (人間の記録 (27))

 

 

あと、私は個人的に皆さんに聴いて頂けたら嬉しいなと思うのは、

「没後50周年記念 三浦環全集」(CD5枚と、歌詞の冊子)の

2枚目の中の19、20番目の「ある晴れた日に」と「かわいい坊や」の日本語バージョンです。

日本語で歌われているのです。

歌詞自体もメロディーにあわせつつ、内容が大体イタリア語の歌詞に近い言葉で歌われていると、私は感じました。

日本語で聴くと、日本人にとっては、すごい説得力だと思うのです。

私は、オペラにあまり詳しくないのですが、噂によると、ただでさえソプラノ泣かせ(?)の、この歌を、日本語で歌うことは、イタリア語で歌うよりも、ある意味難しい点があるのだと、聞いた事があります。

この全集は、結構なお値段なので、ご興味のある方は…よろしかったら…

どうぞ…💦

 

三浦環全集

三浦環全集

 

 

3冊と、CDを聴き、CDの歌詞カードの三浦環さんについての紹介文を読んだ私の感想は、三浦環さんという人は、とても情熱的で、愛情深く、ものすごいチャレンジャーで、気さくで可愛らしいお人柄で、お茶目で、素晴らしい音楽家であり、

「その当時にしては、超ウルトラぶっ飛んだ、ハイカラさん」だったのではないかと思います。

日本に帰国後、ご自身のお母様の事を「ママちゃん」と呼んでいるあたりを読んで、「お茶目さんだな〜」と思いました。

私は、三浦さんは、日本のオペラ界のパイオニア、母のような存在なのではないかと思います。