芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

再び「ディケンズ」魂  

こんにちは!

今日は、個人的に「心のおしょさん」の一人だと思っている、

「チャールズ・ディケンズ」大先生について、少し書きたいと思います。

先日、久しぶりに「クリスマス・キャロル」を読みました。 

 

ちなみに、映画では「三人のゴースト」という映画のモデルというか、原作だと思います。

クリスマス・キャロル

クリスマス・キャロル

 

 

その本のあとがきに、イギリスでは、クリスマスといえば「ディケンズ先生」という時代があった(今も?)というようなことが書かれていました。

クリスマス・キャロル」は、私が最初に読んだ「ディケンズ作品」だと思います。

他は、「大いなる遺産」「二都物語」を読みました。「オリバー・ツイスト」は、途中で挫折して、ミュージカル映画「オリバー」で済ませてしまっています💦

 

 

 

息子が生まれてから、「私たちの選んだ子どもの本」という本を購入しました。

私たちの選んだ子どもの本

私たちの選んだ子どもの本

 

 この本の、76ページに、ディケンズ先生の、こんな名言が載っています。

 

赤ずきんちゃんは、私の初恋の人だった。赤ずきんちゃんと結婚することができたとしたら、きっと私は完全な幸福というものを知ったことだろう。」

 

この文章を読んで、私は、そういう時代もあったのかな…とか、思ってしまいました。

 

私は、ディケンズ先生の作品を3つしか読んでいませんが、「二都物語」が大大大好きなんです。この作品については、また、改めてじっくり書きたいと思います。

「大いなる遺産」は、先に映画「大いなる遺産」(イーサン・ホーク主演)を先に見てから、原作を読みました。こちらは、原作も映画も、大好きです。こちらも、特に映画について、また改めてじっくり感想を書きたいです。

 

今日は、過去記事をアップします。

obachantoarts.hatenablog.jp

 

もうすぐクリスマスですね。うちは、また病人が…💦

みなさま、よいクリスマスを🌟