芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

GW、今年も色々ありました。〜揺れる(元)乙女心を替え歌に💦〜

こんにちは!

先日、GWに行ったミュージカルについて書かせて頂きましたが…

今日は、その後の私の行動について、書かせて頂きます。

 

劇終了後、興奮冷めやらぬ中、ゲーノ家族は会場を後にしました。

が、

渋谷駅に着くころには、私の頭の中は、次なる難問をどうするかで、いっぱいでした。

しかも、数分のうちに、どうするかを決めなければいけない状況でした。

 

実は、最初の予定では、このまま東京に一泊して、次の日は、横浜中華街で昼食を食べるという予定だったのです。

 

もともと虚弱体質で、風邪が治りかけの私は、悩みました。このまま一泊すべきかどうか…私は、超厄介な体質で、ベッドが変わると、どんなに快適な環境でも、ほとんど眠れないたちなんで、いつも旅行の時は、ドキドキなのです。

 

まだ完治していない風邪がぶり返すと、残りの連休が大変なことになるかもしれないという思いもありました。

 

そして、山手線に乗る前、私は、断腸の思いで家族に告げました。

 

「ごめん、やっぱり私は、このまま一人で家に帰るよ」

 

そんな訳で、有楽町で降りた二人に手を振り、そのまま東京駅に向かいました。

 

ごった返す駅で、なんとか指定席を取ることができました。

私は、ヒザが曲げられないのと、かなりの疲労のため、どうしても席の確保が必要だったんです。

 

夜遅くなりましたが、どうにか家にたどり着くことができました。

家族に連絡した後、食事を済ませて、家のベッドに横になると、ようやくホッとすることができました。

そして思いました。

「もう、私は、日帰り旅行しか無理なのかな・・・」

 

そんな訳で、その日のちょっと切ない、揺れる(元)乙女心を、またしても

北島三郎師匠の名曲に乗せて、替え歌を作ってしまいました。m(_ _)m

 

f:id:syutaitekizinsei:20180508120503p:plain

 

「帰ろかな」(こちらは、レコードの三番までフルバージョン)


北島三郎 帰ろかな1965年

こちらは、1番と三番のみです


「帰ろかな」北島三郎 高清

 

「(先に)帰ろかな」 替え歌行ってみます。

 

「帰ろかな〜」(あああ〜)

「帰るのよそうかな〜」(ああ〜)

 

ムスーコ にくくて いうんーじゃー ないがー

帰ろかなー 帰ろかなー

今はー なんとーかー 気力〜で もってる

だけど きーになる やっぱりー 鼻風邪

 

かえろかなー かえるのよそうかなー

 

旅行 きらいで いうんじゃ ないが

帰ろかなー 帰ろかなー

なんとかー 1日 東京 渋谷

もう限界だー そろそーろー 限界

 

かえろかなー ひとりで かえろかな〜

かえろかなー ひとりで かえろかな〜

 

今日知ったんですが、この曲は 作詞:永六輔さん 作曲:中村八大さん

コンビだったんですね✨

そりゃー 心にしみるわなー と、思った、火曜日の昼下がりでした。

 

皆さん、気温差の激しい折、体調管理、お互い気をつけたいものですね。

おつきあいありがとうございます。