芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

「宇宙兄弟」愛 祝!34巻✨ 〜イタリア男性の魅力?〜 

こんにちは!

今日は、最近発売された「宇宙兄弟」34巻の感想です。

 

宇宙兄弟のあらすじ等の、過去記事はこちら

obachantoarts.hatenablog.jp

 

obachantoarts.hatenablog.jp

 

 そして、新刊34巻を、先日読みました。

宇宙兄弟(34) (モーニング KC)

宇宙兄弟(34) (モーニング KC)

 

 

男性キャラも、女性キャラも、魅力的な人物が、タックさん出てくるのですが。

 

34巻を読んで、一女性ファンとして、全く予想していなかった現象が起こりました。

 

南波六太(兄)の月ミッション・仲間の宇宙飛行士

 

「カルロ(イタリア出身アメリカ人)」と

「ベディ(アメリカ人)」の

 

二人の魅力に、完全に

 

ノックアウト

されました。

 

二人のことは、今までもずっと読んできていたはずだったのに、この34巻は、私にとって、いろんな意味で衝撃的でした。

 

二人への愛が5倍増し位になりました。

 

そして、私の宇宙兄弟キャラで好きな男性キャラNo.1」

 

カルロ・L・グレコ になりました。

 

カルロの、あんびりーばぼーな、イタリアでの過去は、24巻でも描かれていました。 

宇宙兄弟(24) (モーニング KC)

宇宙兄弟(24) (モーニング KC)

 

 

 私は、架空キャラとはいえ、イタリア人男性(偏見を持っていましたm(_ _)m)に

惚れてしまう

日が来るとは、今まで思ってもいませんでした。

 

カルロの

「優しい⚪️⚪️」と、

穏やかで忍耐強い精神力と

ブラック・ジャック先生もまっつあおなんじゃね?」という感じの医療技術と

優しいウィットに

 

うっつ! やられました 〜 

 

ベティも素敵!

同じく宇宙飛行士の夫を着陸失敗の事故で失って以来、まだ幼い一人息子のクリスを、懸命に育ててきた彼女。

 

毒舌(漢舌?)と、鍛え上げた筋肉の鎧で、夫亡き後、自分と息子を守って生きてきたんですね。

でも、本当はものすごくかわいい女性なんですよ。内面も外面も。

 

34巻のベティは、ものすごく

漢前で

とんでもなくかわいい

宇宙飛行士

なんです。

 

オススメ漫画です✨