芸術は心のごはん🍚

家族泣かせ・多趣味女のブログです。浅田真央ちゃん・バレエ・映画・読書(小説・漫画)・アニメ(主に昔の)大好き。主に書評・映画・音楽等の芸術の感想、紹介文を書いています。時々、子育て記録・懐メロ替え歌、素人イラストもアップします。

樋口一葉『たけくらべ』現代語訳 第十章「Autumn」の情景と秋雨の夜を「憧れ・愛」を込めて解説🎹

こんにちは!

今回は「たけくらべ」第十章解説を失礼します。

 

秋🍁ですね。

 

秋も、深まってきたなあ・・と、感じている皆様に

 

お薦めの章です。 

 

という訳で、ジョージ・ウインストンさんのアルバム「Autumn」より「longing love」

のイメージで失礼します。こちらは歌ではなく、ピアノ・ソロの名曲です✨

Autumn

 

 

たけくらべ   第十章 (夏祭りから秋 格差、生活の情景)

 

 

 

 祭りの夜は、田町の姉の所へ使いを命じられていたので、信如は夜更けまで家に帰らなかった。

 そのため、筆やの騒ぎの事は全く知らず、翌日になってから丑松、文次、その他の仲間の口から、

 

「かくかくしかじか……だったんだ」

 

と、伝えられたのだった。今更ながら長吉の乱暴ぶりに驚いたのだけれど、済んでしまった事なので、責め立てる意味もなかった。

 信如はただ、自分の名前を使われた事ばかりが、つくづく迷惑に思われて、自分がした事ではないのに、被害者である美登利や三五郎たちへの罪を、一身に背負ったような気持ちである。

 長吉も少しは自分の失態を恥じているのか、信如に会えば文句を言われるだろう……と思ったらしく、その後の三、四日は姿も見せなかった。

 そして、ややほとぼりの冷めた頃に、信如のところにやってきた。

 

「信さん、お前は腹を立てているかもしれないが、時の拍子だったんだ。だから、堪忍しておくれよ。

 誰もお前、正太のやつが留守だなんて、分かる訳がないじゃあないか。

 何も本当はさ、女郎の美登利の一匹ぐらいを相手にして、三五郎を殴りたかった訳ではなかったのだけれど。万燈を振り回しながら駆け込んで見りゃあ、ただでは帰れなかったんだよ。ほんの景気づけのつもりが、つまらない事をしちまった。

 そりゃあ、俺がどこまでも悪いさ。お前の忠告を聞かなかったのは悪かっただろうけれど、お前に今怒られては形無しだ。

 お前と言う後ろ盾があったんで、俺は大船に乗った気持ちだったのに、見捨てられちまっちゃあ困ってしまうじゃないか。

 嫌だといっても、この横町組の大将でいてくんねえ。そうドジばかりは踏まないからさ」

 

と言って、面目なさそうに謝られてみれば、それでも自分は嫌だとも言いづらい。

 

「仕方がない、やる処までやるさ。しかし弱い者いじめは、こっちの恥になるから、三五郎や美登利を相手にしても仕方がないよ。

 これからは正太に取り巻きがついたら、その時はその時の事だ。決してこっちから手出しをしてはいけないよ」

 

と、言い留めて、信如はそれ以上は長吉を叱りとばさなかったけれど、心の中では、再び喧嘩のないようにと祈るのだった。

 

 

 罪のない子は、横町の三五郎である。存分に叩かれ、蹴られて、その二、三日は、立っても座っても身体中が痛くて、夕暮れごとに、父親が空の人力車を五十軒先の茶屋の軒先まで運ぶ時にさえ、

「三公はどうしたんだ?ひどく弱っているようだな」

と、顔見知りの仕出し料理屋に咎められる程だった。

 

 しかし三五郎の父親は「おじぎの鉄」と言われ、目上の人に頭を上げた事がない男である。廓内の旦那は言うまでもなく、大家様である長吉の父、地主様である信如の父の、どちらにも

「ご無理ごもっともな事です」

と、受け入れるたちなので、息子の三五郎が

「長吉と喧嘩して、これこれの乱暴にあいました」

と、訴えたところで、そんな父親なので

 

「それはどうにも仕方がないよ。大家さんの息子さんじゃあないか。こっちに理由があろうが、先方の方が悪かろうが、喧嘩の相手になるという事はできないよ。お前の方から謝ってこい。謝ってこい。全く困ったやつだ!」

 

と、自分の息子の方を叱りつけて、長吉の所へ謝りに行かせるに決まっているので、三五郎は悔しさを噛み殺していた。

 

 それでも七日、十日と過ぎてくると、体の痛いところが癒えるとともに、その恨めしさもいつしか忘れる三五郎。頭である長吉一家の赤ん坊の子守をして、二銭のお駄賃を貰えば素直に喜び、

ねんねんころりよ、おころりよ」

と、おんぶして歩いている。

 歳はいくつだと問えば、生意気ざかりの十六歳にもなりながら、その一方では、その大きな体で恥ずかしげもなく、横町組の敵地である表町へも、ノコノコと出かけてくるので、いつも美登利と正太の、いじられ役になっている。

「お前は性根をどこへ置いてきたのかい?」

と、からかわれながらも、遊びの仲間からは外れた事がないのだった。

 

 春は桜の賑わいから始まり、夏の亡き玉菊の灯籠の頃、続いて秋の新仁和賀(注釈一)には、十分間に人力車が走る数は、この通りだけで七十五りょうと数えても二の替り、つまり秋のにわか三十日間の後半さえもいつしか過ぎて、赤とんぼが田んぼに飛び交い、内堀にウズラがなく頃も近付いた。

(春の桜、夏の灯篭、秋の仁和賀が、吉原の三大行事の風物詩だった)

 

 朝夕の秋風が身に染み渡るようになり、上清の店先の蚊取り線香が当時のカイロの灰にその座を譲り、石橋の田村やが粉を引くウスの音も寂しくなった。

 角海老の時計の響も何となく悲しげな音を伝えるようになれば、四季の一年中絶え間ない、日暮里の火の光も、

「あれが人を焼く煙なのか」

と、うら悲しい。

 

 茶屋の裏の土手下の細道に、落ちてくるような三味線の音色を仰いで聴けば、仲之町の芸者が、冴えた腕に

「君がなさけの仮寝の床に……」

と、何やら歌っている一節の趣も深い。

 この時節から吉原に通いはじめる人々は、浮かれ浮かれた遊び目的の客ではなく、身にしみじみと人柄に中身のあるお方である。

 

 遊女上がりの、ある女が言うには、

「そんな事ごとを書こうとするのは、くどくて煩わしい。それよりも、大音寺前での最近の出来事といえば、盲目の按摩師で二十ばかりの娘が叶わぬ恋をし、身投げをしたそうだ」

と言う噂。

「八百屋の吉五郎と、大工の太吉が、さっぱりと姿を見せないが、どうしたのかい?」

と、誰かが訊ねると、

「この件であげられました」

と、顔の真ん中の鼻を指して、花賭博が原因である事を伝える。

 そうした事以外は他には、これといってうわさ話をする者もいない。大通りを見渡せば、幼い子供達が三、五人、手を繋いで

「ひーらいたーひーらいたー なーんのはーながひーらいたー」

と、無邪気に遊んでいるのも自然と静かな様子で、廓に通う人力車の音だけが、相変わらず勇ましく聞こえるのだった。

 

 

 秋雨が、しとしと降るかと思えば、サッと音がして運ばれてくる様な寂しい夜の事。

 通りすがりの客など待たない店なので、筆やの妻は、日暮れからは店の表の戸を閉めていた。その中に集まっているのは、いつもの様に美登利と正太郎、その他には小さな子供達の二、三人がいて「きしやごおはじき」と言う幼げな事をして遊んでいた。

 美登利が、ふっと耳をたてて、

「あれ、誰かが買い物に来たのではないかしら?ドブ板を踏む足音がするよ。」

と言ったので、

「おや、そうか?おいらはちっとも聞かなかった」

と、正太も「チュウチュウタコカイ(注釈二)」の手を止めて、誰か仲間が来たのではないかと嬉しがったのだが、門の人は、この店の前まで来た時の足音が聞こえただけで、それからは、ふっと気配が耐えて、音も沙汰もない。

 

 

注釈一

初秋の行事で茶番狂言の事

 

注釈二

すごろくなどでの、数の数え方

 

 

参考文献はこちらです。

たけくらべ 現代語訳・樋口一葉 (河出文庫)

たけくらべ 現代語訳・樋口一葉 (河出文庫)

  • 発売日: 2004/12/11
  • メディア: 文庫
 

 

 


という訳で、今回の心のBGMは、ジョージ・ウインストンさんのピアノ曲

「憧れ・愛(邦題)」でした。 


George Winston - Longing from his solo piano album AUTUMN

 

余談ですが、私はこの曲を高校生の頃に、テレビのCMで知り、憧れました。

そこで、級友からこの曲の楽譜をコピーしてもらいました。

小6でピアノ教室を挫折していた私でしたが、

「この曲だけは、弾けるようになりたい!」

と、頑張ったのですが・・頑張って、3分の1くらいは弾けるようになったような記憶が💦

 

今夜は、秋雨になりそうですね。

 

お付き合い、ありがとうございます。